プレバトに出てるみたいだ!!

0

    なんと嬉しい実践でしょう!

    「プレバトに出てるみたいだ!!」の後に、季語入れたら俳句だぜ〜ッ(笑)

    以下、山口のみのる先生授業報告です。

     

     

    組長、兼光さん、夏井&カンパニーの皆さん、こんにちは。

    山口のみのるです。

     

    東京をはじめとする関東地方の方では新型コロナウィルスの感染者数の再増加という報道がなされています。山口県も学校が再開して無事に1ヶ月を超え、7月を迎えることができました。1日1日、生徒たちと無事に過ごせる有り難さを感じています。

     

    さて、今回のレポートは授業の単元と単元の間で作らせた「喜怒哀楽俳句」です。

    プレバトで組長がやっておられた「〜楽しいな」にヒントをいただいて、「〜嬉しいな」「〜腹立つな」「〜悲しいな」「〜楽しいな」の日常の4つの感情をどんどん挙げさせ、その中から2つを選び、感情の言葉が来る部分に「季語」を入れさせるというもの。他の子にはできた句は見せてはいけないというのがルールです。季語一覧はもちろん組長の句会ライブでいただいたものを利用させていただいています。生徒たちはそれを見ながらあぁでもない、こうでもないと考えていました。

     

    このクラスは17人のクラスなので、×2で34句が出来上がりました。(写真 

     

    そして、次の時間でこの中から自分が「いいなぁ」、「あー、分かる」って思う句を選ばせました。もちろん何番が誰のものかということは一切分かりません。それを集計して勝ち残ったものがこちらです。(写真◆

    来週、この絞り込んだ中から好きな5句を選ばせて、第1回喜怒哀楽俳句大賞が決まる予定です。

     

    上手い、下手はさておき、生徒たちの感性を少しでも磨くことができたら、ということと同時に、多感なこの年代に感じた出来事が五七五で表せるということの素晴らしさを伝えられたらと思っています。歴代の生徒たちが作った作品をこうやってデータとして残しています。この作品の数々が自分にとっては素晴らしい財産になっているのも事実なんですよね。

     

    まぁ何が嬉しかったかと言われたら、生徒たちが指を折りながら作っている最中に机間を回りながら生徒の俳句の種にちょこっとだけアドバイスをしていたら、ある生徒がこんなことを言ってくれました。「おー!!何かプレバトに出てるみたいだ!!」と。。。

     

    生徒とこういう時間がもてるから「先生」という仕事はホントに楽しい♪

    以上、山口のみのるでした。


    大分 「ふくろうの森」は梟でいっぱい

    0

      置物かと思ったら、本物のフクロウの写真!

      うっわ〜こりゃ、すごい。

      梟というのは、なんと不思議な魅力をもった生き物なのでしょう。

      皆さんはどの梟が好きですか。

       

      以下、大分の純音くんからの写真&レポートです。

      最後にギャ句゛まで添えられているぞ〜笑

       


      いつき組長
      いつもお世話になっております。ありがとうございます。
      昨年秋に、湯布院の「ふくろうの森」という所で撮影した梟たちです。
      「目は口ほどに物を言う」と言いますが、

      フクロウたちを見ていると、

      「なんだ、てめえ」とか


      「おい、そこの若造」とか


      「ジロジロ見てんじゃねえぞ」とか


      「奥歯がたがた言わせたろか」とか

      なんか、そんな風に語りかけられているような気がするのは、

      わたくしだけでしょうか。



      ふくろうに聞け快楽のことならば 夏井いつき
      → おふくろに聞け快楽のことならば


      ラベンダーの香り 時をかける少女

      0

        ラベンダーは、寝るときに、目の疲れとるヤツ(あったかくなるアイマスク)の香り。

        匂いの強いのは苦手なんだけど、あの製品のほのかな香りは、脳と目が癒やされる。

        時をかける少女の気分・・・ふふふ。

        ま、そんなことはさておき、栃木のお漬け物からの特派員報告です。

         

         

         

        組長
        スタッフの皆さまへ
        今日はラベンダーの散髪をしました。

        これからの季節(梅雨から夏)はラベンダーにとってしんどい季節です。湿気や風通しの悪い場所は好みません。又、花が咲き、放っておくと根に負担が掛かり最悪腐ります。従って、丁度今の時期に花の剪定や枝の剪定をして、根に負担をかけないようにします。蘊蓄を話すときりが無いので・・・・科名はシソ科種類は多数ありますが、自分の育てているのはイングリッシュラベンダーのラバンディンという種類で富良野や美瑛によく見られます!育て易いですよ。

        写真は自分が剪定した花と富良野のラベンダー畑です!
        栃木県那須の田中雄二(お漬物)でした?


        YouTube 『夏井いつき俳句チャンネル』 第21回は今夜8時♪

        0

          あああ〜と一日が過ぎてしまった。ガンガンと選をし、黙々と原稿を書く。

          『伊月庵通信』の編集も始まっている。

           

          脳が甘いものを欲しがっている。

          ・・・が、まずはビールを飲む。

           

          あ、木曜日か・・・『プレバト!』だよ・・・あ、YouTube!

          まるで日曜夜は『サザエさん』みたいな芋のツル的連想〜(笑)

           

          舞台はいつものここ。

          これはビールではなく、ワイングラスですな。

           

          さて中身はこちら↓

          https://youtu.be/HU25z0i1ujM
           

          ご家族、お友だち、お知り合い、同僚の皆さんにも俳句の種まいてください。

          「プレバト観てね」「ユーチューブ観てね」も、俳句の種蒔きです、ハイ♪


          『おうちde俳句』クリアファイル♪

          0

            埼玉の小市さんから、写真届いてました。

            『おうちde俳句』第2回の表彰式が9月に延期されています。

            出版社スタッフの皆さん、準備のために動いてくださってます。

            無事に開催できるとよいのですが、こればっかりは祈るしかないね。

             


            組長
            昨日、朝日出版社から封筒が届きました。
            なんだろうと思って封を切るとクリアファイルが入っていました。


            ネットでのアンケートに答えたことへのお礼の品ということです。
            そういえば、アンケートに答えたかすかな記憶があります。
            老人力が増強されているようです。


            ひょっとしたらこのクリアファイルを組長はご覧になっていないかもしれないと思い、

            写真を送ります。 埼玉・西村小市


            ラジオ番組『夏井いつきの一句一遊』は20年目に入ります!

            0

              今日で6月が終わりました。

              7月から、ラジオ番組『夏井いつきの一句一遊』は20年目に入ります。

               

              皆さんからいただいた投句に添えられたコメントを読みつつ、

              昨夜は夜ふかしをしてしまいました。

               

              いろんなことがあったよなあ・・・と、感無量。

              新しい仲間たちがこんなに増えたよなあ・・・と、深い感謝。

               

              さて、スタジオに行くか。

              写真は、三つ葉の花。

              畑の野菜たちの花を楽しむという、掟破りな家庭栽培。ははは。


              今だからできること 「本を書く」

              0

                この三月末あたりから、

                こりゃ大変なことになりそうだぞ・・・

                今だからできることをやるしかないぞ・・・ということで、

                始めたことの一つが「YouTubeをやる」。

                 

                収益化へのハードルはまだまだ高いのですが、

                やり始めたら面白くなってきたというか、

                やりがいを感じ始めていて、

                「あれもやりたい、これもやりたい」と久々にやる気が満ちてきてます。

                日本中のみならず世界中で観て下さってるのが分かると、

                なんちゅーか、誰かの役に立ってると思えることが嬉しいのだと思う。

                 

                さらに、この間に「本を何冊か書こう」と格闘しております。

                来年あるいは再来年に出版できるよう黙々と準備中。

                 

                長く時間がかかってますが、

                ギャ句”の本『子規をギャ句”る』も近々出版できそうなところまできました。

                原稿書き上げたのは、そーとー前だったんだけど・・・(笑)

                 

                ほぼ家族会社夏井&カンパニー全員で、この窮地を乗り越えようと頑張っております。

                応援いただけたら、ほんとうに有り難いです。

                 

                植えたトマトはどんどん伸びて、明日あたりには最初の収穫ができそう。「トマトを植える」も、今だからできることの一つだったんだけど、ただのんびりしてたわけではないのです。ハイ。蒔かない種は芽を出さないし、植えないトマトは実らない。今やれること、やっております!


                YouTube 『夏井いつき俳句チャンネル』 第20回は今夜8時♪

                0

                  NHKの朝ドラ、来週は第一回からの再放送らしい。

                  ドラマの収録現場もフェイスシールドとかアクリル板とか、苦労してやってるんだろうなあ。

                   

                  『プレバト!』もスタジオ収録始まりました。

                  東京の感染者数も気になりますが・・・

                  工夫して助け合って、皆で乗り切らねば、ね。

                   

                  私たちのYouTubeもコツコツ続けます。

                  舞台はいつものここ。

                   

                  中身はここは↓

                  https://youtu.be/5CTdXZKZ_is

                   

                  今日は、皆さんからのコメントへのお返事編♪

                   


                  鹿児島の目高も紫陽花も元気

                  0

                    鹿児島の直も目高を飼ってるんだね♪

                    うちの事務所の目高も、伊月庵社員寮の目高も、卵がかえって・・・

                    今年も新しい鉢が必要だ!

                     

                     

                    組長、おはようございます。
                    いつもお世話になりありがとうございます。特派員報告でもないのですが、組長の目高の写真とあまりにも似ていて、嬉しくなってしまいました。

                     

                    卵のついた藻を移していたら、一昨日赤ちゃんを発見!真ん中をズームアップしたらみつけられるかも^ ^


                     

                    それから、挿木で大きくなった紫陽花の色も気に入っています。

                    組長と同じようなことをして、永くゆっくり歩いていたら、俳句の筋力がついていくかな^ - ^ 鹿児島 直より


                    水鏡の佐賀平野

                    0

                      昨日、三ヶ月ぶり?の東京収録から戻ってくる時、

                      松山上空から、水の張った田が増えているのに気づきました。

                      「田水張る」も季語ですね。いよいよ田植えが始まります。

                       

                       

                      組長、こんにちは。
                      佐賀のあまぐりです。
                      佐賀平野は田植えが始まりました。代かきが済み、田植えを待つ田んぼは、水鏡となり綺麗です。並んだ電柱が映っているだけでも美しく、つい車を停めてスマホでパチリ。撮った写真をみると、近くの山は濃く、遠くの山は薄く、ちゃんと濃淡までも水面に映されていることに気付きました。毎年毎年見慣れている風景でも、まだまだ発見があることに感動しました。

                       


                      | 1/520PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      投句先はこちら

                      「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

                      いつき組特派員報告宛先

                      こちらからどうぞ。

                      俳句季刊誌『伊月庵通信』

                      商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

                      当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

                      −−−−−−−−−−−−−−−

                      伊月庵利用申込フォーム

                      伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM