放歌高吟 6月9日号

0
              アモーレ

    抱けば我が胸蹴る赤子夏来る
    赤ん坊のアモーレ甘いアマリリス
    端午の日男を見れば泣く赤子
    硝子つたう緑雨を追うて赤子の目
    紙おむつ84枚入りの虹
    ミルクの「ミ」は未来の「み」です若葉風
    赤ん坊が笑うてんとう虫わらう
    0歳児用の絵本と雨と虹
    芥子色のうんち六月色の雲
    乳を吸う息荒々し梅雨籠もり
    乳吐いて梅雨の黄色き星さびし
    くうくうと乳吸う汗の甘く匂う
    よだれよだれよだれよだるる裸の子
    泣く子の汗と抱く吾の汗の混じる汗
    蝉の昼名付け親なる和尚来る
    あっぱっぱ着て赤ん坊ゆするゆする
    みにくいアヒルの子色のバスタオルに裸子
    旱星母恋うことを覚え泣く
    祖父の胸吸うてもみたる裸の子
    金玉と呼ぶにはいとけなき涼しさ

     

    放歌高吟 5月3日号

    0
              春眠き

      ざんざんと朝を揺すれる椿山
      春暁の風は不安だから鳴くよ
      木の香立つ巣箱の穴のかたちの香
      春動く真白き鯉を王者とし
      蛤の水管口(すいかんこう)にゆらぐ水
      神官の家の蛤汁しょっぱい
      春愁の瘤はハマグリ大となる
      皇国や蛤は海吐き出しつ
      春の黴匂う納骨堂の扉(ドア)
      いかなごや悼むにこぼす昼の酒
      引けば鳴る春の祭の輿の鈴
      刺青の男と春祭の山羊と
      そよぐ春服ひかる春服すれ違う
      マシュマロという春を噛むここちかな
      春眠き目玉は砂糖漬にせん
       

      放歌高吟 4月号1日号

      0
                 皺くちゃ玉

        春はあけぼの孫とはこんな皺くちゃ玉
        長閑やかに垂れ沐浴の手も足も
        今日よりの祖母ぞと言えば山笑う
        春の鳥生まれて三日目の窓へ
        春光へうごく赤子の三白眼
        雪柳吹き上げ赤子おびえさせ
        臍の緒の乾きて柳の芽のゆれて
        乾いた虫けらみたいに春の臍の緒は
        孫とは真に膝に春抱くごときかな
        一筆啓上さくら咲いたか嬰は寝たか
        泣くための息ひいと吸う桜かな
        哺乳ビン煮るも深夜の一仕事
        乳房(ちち)掴み出すや春夜の嬰の口へ
        春夜喚くのどちんこ千切ってやろか
        酒臭き祖母を許せよ春の宵
        乱暴に赤子を揺する春の歌
        春空へ産着十枚はためかす
        長閑かな赤子の尻の穴眺む
        育児日記に記す「菜の花色の糞」
        十日目の赤子にさくら便りかな

        万愚節の今朝は生まれて21日目。元気におっぱい飲んで、やんちゃに泣いております。
        母子ともに順調。明るい春の泣き声です♪
        「もっと可愛い句も載せてよ」と娘から抗議を受けてしまいました(笑)。

        放歌高吟 3月号1日号

        0
                 雛の日

          この水の味を余寒の香としたり
          かの水のごとくに梅のあふれけり
          鳥の胸白し余寒の風清し
          かたかごの花は飛べなくなった鳥
          片栗の花を鳴らしてみたき風
          片栗の花の里より中継です
          鶯や万の波頭は湖心より
          たちあがらんとすればひかりとなる春濤
          金色の蒔絵の鳥や雛の日
          赤子泣けよ春の太陽こわれるほど
          春の園空は水色セレナーデ
          はこべらをこんなにつんで淋しい歌

           

          放歌高吟 2月15日号

          0

                     待春

            待春のひかりをスポイトに吸ひ上ぐ
            かつて車両でありし鉄塊春隣
            算額の円こそ春を待つカタチ
            施主の名に鯉三郎とある待春
            節分の雨呼ぶごとく護摩木焚く
            厄除のわらじに足の余りたり
            しようが湯のつんと鼻つく追儺かな
            神鏡をかかげて春を呼ぶ男
            大蛇待つ春の神楽の鈴激し
            帯に咲く鳥よさくらよ針供養
            巻き貝のぐるぐるぐるぐると余寒
            濡れてゐる鋏に早春の匂ひ


            | 1/4PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << September 2019 >>

            投句先はこちら

            「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

            伊月庵利用申込フォーム

            伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

            俳句季刊誌『伊月庵通信』

            商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

            当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

            −−−−−−−−−−−−−−−

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM