不本意ながら夏井は その1

0

    今年も『句集を作ろうコンテスト』の募集が始まります!

     

    今年度のコンテストには、

    審査員として名を連ねることが叶いませんでした。

    今年は表彰式も行われないとのことです。

     

    しかしながら、

    発案から立ち上げまで深い思い入れをもって、愛し続けてきたコンテストです。
    今後も影に日向に応援していきたいと思います。

     

    以下、日本俳句教育研究会のホームページに詳しいご案内があります。

    参照してください。

    http://info.e-nhkk.net/

     

    ご案内の最後に、夏井からの激励メッセージも載ってます♪

     

     


    琵琶湖のほとりで 俳句の種を蒔く

    0

      昨日の書き込みかな。

      草の香り(先生)、ありがとう!

       

      子どもたちへの俳句の種まきアイデア。

      実践した成果や質問、悩みなどを、日本俳句教育研究会までお寄せ下さい。

       

      せっかくの挑戦です。

      先生方みなで共有しつつ、さらに俳句の種まきを広げていきたい!

       

      あ、子どもたちの手紙も楽しみに待ってます♪

       

      さて、今日は青森県藤崎町にて句会ライブです!


      第12回 夏休み句集を作ろうコンテスト

      0

        実りの多い12年ですが、改めて思うのは「継続は力なり」という言葉。

        子どもたちの成長を楽しめるのが、嬉しいことです。

        そして、明日は『まる裏俳句甲子園』です!

        大人たちも楽しみます♪


        心に石蕗の花あかりが灯りました♪

        0

          日本俳句教育研究会の新しいメンバーとなってくれたクラウド坂の上くんから、

          こんな嬉しい「俳句の種まき」報告!

           

           

          組長、夏井&カンパニーの皆様、こんにちは。
          いつき組員のクラウド坂の上です。
          私は中学校の教師をしていますが、この度、転勤に伴って新しい学校で、総合的な学習の時間に俳句作りの指導をさせてもらいました。参考としたのはもちろん組長の種々の本です。俳句甲子園のNHKのビデオも見せました。そして2学期間に及ぶ授業の成果を文化祭で「俳句相撲」という形で発表しました。
          夏休みに宿題として、秋の雑詠を三句詠ませ、それをクラス内の選句会で代表五句を決め、俳句甲子園のように5対5の団体戦形式で文化祭当日に戦わせました 。
          中学生であり、初めての俳句作りなので、ディベートはありません。
          「相撲」と名がついているのは、チームがそれぞれ東西に分かれることと、行司が中央で軍配を持って進行していくことによります。審査は観客で赤か青のうちわを上げ、その数を行司が判断して勝敗を決します。学校区内に、江戸時代の三大女性俳人の一人、田上菊舎(代表句「山門を出れば日本ぞ茶摘み歌」)の生誕地があり、その菊舎を顕彰する会が発案した方法です。その俳句相撲は個人戦によるトーナメント制なのですが、そこに俳句甲子園の団体戦形式を取り入れてみました。同じような取り組みはすぐ近くの小学校と高校でも行われていて、菊舎顕彰会の主宰の先生が指導されています。句の作者は最後に句会ライブのように発表します。
          俳句を作り発表した生徒、観客兼審査の生徒、保護者、他学年の教員に、「とてもおもしろい!!」、「中学生でもあんなに上手にできるんだね!」と大好評でした。生徒の句の何句かは、菊舎顕彰俳句大会の学生部門で、賞と市教育長賞、そして多数の佳作や入選をいただきました。
          自身の俳句でつながるのは楽しいですが、俳句の種まきも又楽しく、やりがいがあります。これからも俳句の種まき続けていきます!!そして小、中、高の俳句一貫教育!?の成果で、将来教え子が俳句甲子園に出場してくれることを夢見ています!!
          PS 11・23(金)の福岡県遠賀郡岡垣町での「俳句王国が行く」の公開収録の入場整理券が当選したの で行きます!!「星」頑張って考えます!!
          クラウド坂の上くん、
          ここのところ公私共々色々ありすぎて、脳がふしゃふしゃになりかけてましたが、元気をもらえるお便りありがとう! 日本俳句教育研究会(通称nhkk)は、俳句が学校現場にどう役立てるかを提案していく活動を地道に行っています。クラウド坂の上くんのような同志がいるのだ!と思うだけで、力が湧いてきます。石蕗の花の明かりみたいに、心がほんのりとほぐれてきたような思いです。ありがとう!

          日本俳句教育研究会メルマガ 〜句会ライブやってみた!報告〜

          0

            以下、日本俳句教育研究会メルマガより転載です♪

             

            ブログ http://info.e-nhkk.net/ にて、事務局に届きましたお便りを紹介しています。
            句会ライブに参加された後、早速ご担当のクラスで句会を試みられた報告と、句会を行ってみての質問です。

            個別にご覧になるようでしたら、「1実践報告&質問」は
            http://info.e-nhkk.net/?eid=1350377

            「2実践報告&質問→回答」は
            http://info.e-nhkk.net/?eid=1350378
            です。

            nhkkでは、皆様からの実践報告やご質問もお待ちしております。
            nhkk.info@gmail.com宛てのメール、または以下のフォームでお気軽にお寄せください。

            日本俳句教育研究会(nhkk)質問箱
            https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeJ7nxiK9C3IqsrXjGz7dXVQQYo8dUOpF602LBXRD_swIhK3g/viewform

            nhkkへのお便り
            https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScivHrI5qY-NmkTtKVeJ5xHivyM_e150ONJNPAgT8DkGbguEA/viewform

             


            | 1/4PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << August 2019 >>

            投句先はこちら

            「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

            伊月庵利用申込フォーム

            伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

            俳句季刊誌『伊月庵通信』

            商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

            当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

            −−−−−−−−−−−−−−−

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM