来年の「伊月庵 花を愛でる会」は 2020年4月4日(土)です♪

0

    昨日は沢山の皆さんが集って下さいました。

    こんなお酒が届き(@桜うづまき酒造さんありがとう!)

     

    さて、さて、さては南京玉すだれ♪が始まり(@ワイズ句会社中の皆さんありがとう!)

     

    そして、俳句文法研究部ひでやんの捌きによる「尻二字しりとり句会」も始まります。まずはこの日の午前中、伊月庵にて句会をしていた「プレバト研究会@木の芽」メンバーのご挨拶句を0番句としてスタート。お尻の二字は「しろ」ですから、「しろ」で始まる句が続きます!

     

    唐破風の屋根どつしりと春の城     糸慌

    城のある街ふわふわと桜時       ゆすらご

    ドキドキときんちょうするや春の昼   がんばるけいご@小学生俳人

    ひるむなよ今日も泥酔花の宴      ひかるん@伊月庵の庵守り

    縁あって嫁ぐ外つ国桜真風       イリス

    まじまじと歌神をみる花の下      きゅうもん@プレバト研究会宗匠

    元力士桜吹雪を疾走す         くらげを

    薄墨を流せるごとし花筵        あいむ李景

    白詰草つみてポケットはいつぱい    恋衣

    白湯(パイタン)スープ花びらの悲しそう 金子どうだ

    草原はいま春駒のほしいまま      あるきしちはる

    ままならぬ恋あると知る春の月     ゆすらご

    突き指のうすき鰆の尾のかたき     ピアノフォルテ

    滝行の夜の奥の夜飛花落花       天玲

    使いこなす方位じゃしゃくが指すさくら 幸の実@小学生俳人

    暗き川のながれの急や花いかだ     ふじみん

    花壇に春の猛獣の気配かな       花香@高校生俳人

    叶えたし種まき二十夏近し       こぶこ

    傾がざる青麦風を散らしけり      立志

    ケリーバックは獣の艶や花の風     ふじみん

    風の話聴かせてあおむ春の山      緑の手 

     

    子どもたちが磁石で「いつき」と書いてくれました♪

    大人も子どもも一緒に楽しむ俳句のある時間。

    伊月庵から起こる笑いの渦が、上人坂を包んだ桜の日でした。

     

    来年の「伊月庵 花を愛でる会」は、2020年4月4日(土)正午から。

    是非、予定を組んで下さいね。今から来年の桜が気にかかります。それもまた楽し♪です。


    「伊月庵」 最初の桜を楽しむ会

    0

      伊月庵にて午前中句会をしていた皆さんと、

      伊月庵の歴史の一ページとなる最初の記念写真を!

      東京、大阪から来て下さった皆さん。

      花見の準備までさせてしまいましたが、楽しい時間でありました。

       

      庵内にて「尻二字尻取り句会」

      選者ひでやん、実況ウェンズデー正人です。

      庵の床に座る人。ウッドデッキにて笑う人たち。

      さらに外の砂利席にて楽しんで下さる皆さん。

       

      夕暮れから参加して下さった皆さんもいて、

      結局百人ぐらいの皆さんが、入れ替わり立ち替わり顔を見せて下さいました。

      ほんとうにありがとうございました。

       

      そして、最後まで残っていたメンバーでの記念写真!

      来年また、桜の太り具合をご一緒に定点観測できましたら嬉しく。

      皆さんに見守られつつ「伊月庵」の歴史が動き始めます。


      「伊月庵」 はじめての花見 はじまります♪

      0

        松山に戻りました。

        なんと松山の桜がまだ散っていません。

        上人坂をのぼってみると、宝厳寺の桜もまだ奇麗!

        このところの花冷で、桜が長続きしてくれてたのですね。

        私たちが戻るのを待ってくれていたかのようです(感涙)♪

         

        伊月庵の若い桜は緑の葉を出しつつも、健気に何輪か咲き残ってくれています。

         

        今日は、昼過ぎから伊月庵を解放します。

        俳句文法研究部ひでやんが「尻二字しりとり句会」を計画してくれてます。

        ワイズ句会の皆さんが音楽&南京玉すだれ?!を披露して下さるとの噂(あくまでも噂@笑)♪

         

        さて、私たちもお迎えの準備にかかります。

        楽しくなりそうです♪

         


        伊月庵 「花の名残を楽しむ会」は 4月7日です♪ 

        0

          伊月庵 一年目の桜が咲きました!

          今朝、一輪だけ咲いているのを発見しました。

          伊月庵のウッドデッキに植えた桜ですが、一年目に花をつけてくれるかどうか・・・

          期待してるけど、期待しないように、という微妙な親心をあっけらかんと裏切ってくれた桜♪

          まさに最初の一輪が咲いた朝を、

          ケンコーさんと確認できたことが嬉しい!

           

           

          あちらこちらから「今年の『いつき組』の花見は?」という質問メールが届いてますが、

          私たちは、30日から県外の仕事のため旅立ちます。

          30日は徳島、31日は鳥取。

          重ねて申し上げますが、今週末は松山にはおりません。

           

          伊月庵の歴史の一年目を刻む「花の名残を楽しむ会」は、4月7日の午後からです。

          午前中は、東京から吟行に来られている皆さんが伊月庵にて句座を囲んでおられますが、

          終わり次第、伊月庵は解放いたします。

           

          私とケンコーさんも昼頃には松山に戻る予定。

          伊月庵でも多少のお接待は用意しておりますが、

          毎年の道後公園でやっておりました「大花見大会」同様に、

          ご自分の食べ物飲み物を、ご自分のぶんだけ持参して参加して下さい。

           

          桜は散り果てているとは思いますが、

          伊月庵の歴史における、初めての花季を皆さんと一緒に過ごせたらと、

          楽しみにしております。


          松山俳句ポスト365 兼題 「ていれぎ」って何?!

          0

            「ていれぎ」なんて聞いたこともないよ・・・なんて投句が怒濤のように届いているのです。

             

            そうです!

            『松山俳句ポスト365』の投句です!

            そうです!

            「ていれぎ」って松山市の天然記念物?! 

            松山市の計略?!

             

            ・・・だなんて、アナタ、とんでもないことですよ。

            これも貴重にしてマニアックな季語体験!(笑)

             

            といいつつ、この葉っぱが「ていれぎ」なのよ。

             

            見える?

            これよ?

            松山市道後、子規記念博物館にほど近いお店『椿倶楽部』にて。

            この写真に写ってる三人の女性の真ん中にいるのが、黒川さん。

            この地で頑張っている同志の一人です!

             

            俳句の都・松山においでの際は『椿倶楽部』にもお運び下さい。

            私たちも時々フラッと飲みに来てます♪


            烏天狗の畑の春のたより

            0

              旅から戻ってみると、

              伊月庵裏社員寮の裏の畑にも春がきておりました。

               

              春椎茸がにょきにょき。

               

              春のカリフラワーもすくすく。

              収穫できる日も近いね♪


              新居浜より朋あり〜伊月庵便り

              0

                日曜日、午後の飛行機で松山に戻ると、伊月庵では句会が♪

                新居浜、西条、今治、高知から俳句仲間たちが集ってくれてました。

                お久しぶりのお顔もあり、

                嬉しいこと嬉しいこと♪

                 

                そんな日のもう一枚は、御庭番烏天狗がくれた烏瓜。

                今回は月曜日夕刻には再び移動。

                事務所にて馬車馬のように働き、スーツケースの中身を入れ替えて、いざ出発となります。


                伊月庵から 御礼とお願い

                0
                  私とケンコーさんはまだ旅の途上ですが、
                  松山から予想もしなかった知らせが届きました。
                  なんとまあ!
                  伊月庵建設へのご芳志の申し出を何件も頂いているというのです。
                  想像もしておりませんでしたので、ただただ驚くばかりです。お気持ちに心から心から感謝しております。おかげさまで、伊月庵(いげつあん)は5月末の完成に向けて着々と建設がすすんでおります。夢が現実になるという喜びを日々味わっております。完成がますます楽しみな春であります。
                  とはいえ、伊月庵は夏井&カンパニーという名の家族会社の志として建てるものです。
                  ご寄付をいただくことは考えておりません。
                  そもそもの話をさせて下さい。
                  若い仲間たちと作った俳句会社マルコボ.コムを、私は数年前に退社しました。さまざまな志は若い仲間たちが引き継いでくれる。ここからは君たちが思うように志を育てたらいい。私は、そろそろ自分のしたいことをする人生を歩ませてもらいたいと考えての結論でした。老後に向かって少しずつ、穏やかな時間もある人間らしい生活をしたいという思いもありましたので、「人生を閉じていくための夫婦2人の終活会社」を作りました。それが「夏井&カンパニー」です。
                  私の、読みが少し狂ってきたのは、
                  『プレバト!!』という番組のせい?おかげ?・・・です(笑)
                  夫婦2人でやっていけるという目算で作った(会社を作ろうと準備しているうちに『プレバト』の一回目が始まったという会社が)夏井&カンパニーでしたが、立ち上げて以降、年を追って仕事がどんどん増えてくる。その一方で(夏井の我が儘で)専門性の高い仕事をしたい!という欲求が強くなる。そんな日々を疾走していると、心身と時間のバランスが取り難くなったりもする。
                  そんな苦境を助けてくれたのが家族でした。
                  我が夫ケンコーさんの肺癌発症もまた、家族が一丸となる契機となりました。
                  現在は、息子夫婦、娘、我が妹ローゼン千津、ケンコーさんの妹さっちゃん(@調理師の免許あり。故郷大阪から松山に移り住み、私たち夫婦の食生活全般を支えてくれている)たちが、それぞれに夏井&カンパニーを支えるべく奮闘してくれてます。もはや「夫婦2人の終活会社」なんぞとはいえない会社になってしまいました。今は、家族への感謝を込めて、もうしばらくの間は、精力的に仕事していこうと考えも変わってきました。なんせ、まだ60歳(@もうすぐ61歳)ですものね。
                  伊月庵への寄付を申し出て下さった皆さん、
                  お申し出は誠に有り難いのですが、伊月庵への寄付は受け付けておりません。
                  お気持ちはしみじみ有り難いことです。
                  伊月庵建設は、家族会社夏井&カンパニーが、社会へお礼の気持ちを還元する事業です。
                  この建設は、私たち夏井&カンパニーの感謝のカタチです。
                  自分たちの力で実現させて下さい。
                  実は、寄付をすでに振り込んで下さってる方もおられるとのこと。
                  その皆さんには、心からの御礼を申し上げつつ、お願いが一つございます。
                  「この寄付を、俳句甲子園への寄付として使わせていただけないでしょうか」
                  昨年夏、20周年記念大会を終えた俳句甲子園。現在21回大会に向けて準備を整えておりますが、今後も予算との闘いは続きます。継続することの大変さを改めて噛みしめている状況です。
                  これは『NHK俳句』の楽屋おかれていた募金筒?です。
                  先日、最後の収録の折にスタッフから預かったものです。
                  感涙いたしました。ありがたいことです。
                  俳句愛好者の皆さん、
                  なにとぞ俳句甲子園へのご支援、切に切に願い致します。
                  春の花たちはつぎつぎに咲いております。

                  | 1/1PAGES |

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << May 2019 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM