罵詈も雑言も俳句のタネとして

0

    2008年から始めた本ブログですが、

    この十年間、折々にネットならではの罵詈雑言が書き込まれることを経験してきました。

     

    気持ちのよいものではありませんが、

    時代とはどのように動いていくのか、睨んでいくしかありません。

     

    福岡は枝垂れ梅が咲いているようです。

     

    組長様
    風邪気味の様ですが、おかげん如何でしょうか。
    もう、無理の効かない年令ですからご自愛よろしくです。
    老人力は自愛力だとワタクシは思います。
    さて、今日の一枚はアパートから歩いて二分のちっこい公園の垂れ梅です。
    もうすぐ暖かくなりますよ。   理酔拝

     

     

    理酔兄ちゃん (・・といいつつ、私より年下だけど@笑)

    老人力を発揮して、自分を可愛がります。

    ありがとね♪

     

    俳句集団『いつき組』組員を名乗ってくれる沢山の皆さん。

    ほんとうにありがとう。

    全国、いや世界各地から届く組員各位のメッセージに励まされ続けている今日、立春です。


    コメント
    おはようございます!先生!!

    そうです。
    いつだって、先生を応援しています。

    私も新しい年代に入りました。
    立春、気持ちを柔らかくして取り組みます。

    お身体を本当に大切になさってくださいね。

    • 戌の箸置
    • 2019/02/04 5:26 AM
    先生!

    日本から世界各地から応援しています。
    私は私への忠告に、日々折れそうなことが山積みです。
    日本語の取扱いを間違っている人多いですね。怒。
    何があっても前に前に。

    今は裾野をウロウロしておりますが、目指すのはエベレストの頂上です。
    目標に向かってGO!

    2020年やってみたかったことがありましたが、

    「りんりん。が道案内したら路頭に迷う外国人さんが増えるよ」

    もっと勉強しなくちゃ。
    もう2月ですね。

    春立つ日蔵ん中では酒踊る


    • りんりん。
    • 2019/02/04 6:31 AM
    私も「いつき組・組員」を名乗らせていただいております(^^)/
    いつも組長のお姿に励まされて、そして陰ながら応援しております!
    組長、くれぐれもお身体大切になさってください。

    春はやはり待ち遠しいですね。。。
    • さとう菓子
    • 2019/02/04 7:01 AM
    いろんな人が、それぞれの信念に基づいて、言葉を発しています。
    相容れない信念のぶつかり合いも多々あります。
    善と悪、黒と白、ハッキリ分けられる事ばかりではありません。
    ひとつだけ言えるのは、良い句は良いのだ、ということ。
    良いものを良いと評価して褒める、何一つ間違ってない、と私は思います。
    俳句の持つ力を信じて、歩み続けるしかありません。
    • イリス
    • 2019/02/04 9:07 AM
    組長、お身体大丈夫でしょうか?とても心配です
    詩というものとはとんと無縁だと思っていた自分が、組長を俳句の師として選による学びをうけ、この二年で一応俳句のようなものが作れるようになりました
    組長のおかげ、いつき組の一員になれたおかげだと感謝しております
    もし組長がいろいろな露出を抑える日が来たとしてもその時はこちらから松山の伊月庵まで学びに伺いたいと思いますので、これからもどうぞ宜しくお願いいたします

    • 24516
    • 2019/02/04 9:25 AM
    組長、おはようございます。
    悪口って、言ってる時はスッキリするのかもしれませんが、実は脳はその言葉を「誰に対するものかわからない」状態で聞いているのだそうです。
    つまり自分の口にした悪口ってそのまんま自分の脳みそにダメージを与えるのだとか。そしてそのダメージによって老化も進むのだそうです。認知症関連のサイトで読んだことがあります。
    文字に書き起こす時ももしかしたらそうなるのかもしれません。「罵詈雑言」が溢れ出る脳みそ、そしてその思いを映像化する想像力、視覚化する文字。
    罵詈雑言でなければ素晴らしい能力です。それを書いている人は本来とても頭のいい人なのでしょう。ただ、私の個人的意見ですが、その頭のいい人からは安心や信頼を得られないでしょう。せっかくの言葉を無駄遣いしているのです。

    私は日頃、自分の意思を声や文字で伝えることに困難を抱えながら生きている人たちを目の当たりにしています。言葉を使える、話せる能力は、この世で普通に与えられるものでないことを、また、ふとしたきっかけで奪われてしまうものであることを、その人たちに教えていただきました。彼らとは安心と信頼で学び合えます。
    • 播磨陽子
    • 2019/02/04 9:26 AM
    「春になれば、俳句ライブで、組長にお逢いできる!」…と、待ちに待っておりました。

    そして、今日は立春!

    昨年8月の『中丹』開催では『大ファン』として句会仲間と参加し、マイクを通してお話しが出来て、『組員』と名乗ることを決意!
    2週間後の『丹後』では、裾野の候補たちの引率というミッションを遂行したいと思います!
    • AYABE
    • 2019/02/04 9:52 AM
    組長、兼光さん、体調に関係なく毎度の超ハードスケジュール、本当にお疲れ様です。

    気分のわるいことも俳句のタネ、詠んでおくと後から笑える作品になる事が多い!と最近気付きました。俳句の力って凄いな!

    曇り空ばかりの福岡で青空が恋しいですが、枝垂れ梅の可愛らしい表情と組長の言葉に私も励まされあたたかな気分になりました。
    私も近くに春を探しに行こう!

    いつき組でいられることが幸せです。
    どうかお元気で、今回の長いツアーも終えられますように祈っております。
    • 福岡リスナー班/由美子(由づる)
    • 2019/02/04 10:08 AM
    立春や嫌な手紙は破り捨て

    組長、いつも応援しています。
    言う人は、何とでも言うもの。

    いつも前を向いて歩いていこうとする組長に、励まされています!
    • 葉音
    • 2019/02/04 10:22 AM
    いつき組長、こんにちは。
    不思議なもので、俳句を始める前は全く気にしていなかった暦、俳句を始めたばかりの頃は「立春?! まだまだ寒いやん! 全然春じゃないやん!」と思っていましたが、
    この頃は暦に自分の心がついていけるようになってきました。
    今日は近所で菜の花が咲き始めているのを見つけましたよ♪

    次男の骨折も経過順調で、ギプスが取れてリハビリ中です。怪我が治っていくのは当たり前と言えば当たり前ですが、命はちゃんと前へ進んでいこうとするんだなと改めて思いました。

    組長の進んでいく道にも春の光がさしますように。あたたかなものでありますように。
    いつも願っていますし、そうなっていくはずだと信じています。
    微力ながら私も「俳句のおかげで人生が豊かです!」とパワーをお返ししていきたいです。
    • あるきしちはる
    • 2019/02/04 12:27 PM
    私は伊月先生が大好きです!
    先生のお人柄や生き方を尊敬してやみません。

    「己の発した言葉は己に戻る」
    自分を戒めるためにも、自分に言い聞かせています。

    言葉で人を傷つけた
    自分も傷ついた
    そして
    言葉で救われてきた

    言葉は大切です。
    本当に大切です。
    • 村上 無有
    • 2019/02/04 12:48 PM
    こんにちは、シュリです。以下は、私の好きな教えです。
    お釈迦様は、罵詈雑言をあびせる人に言ったそうです。「客がやって来て、きみがその客に食べ物を出す。しかし、その客がその食べ物を食べなければ、その食べ物は誰のものになるか?」
    「その食事は私のものになる」
    「では、わたしはきみの罵詈雑言を受けない。だから、その悪口はきみのものだ」

    先生の素晴しさは、全世界に伝わっています!!




    • シュリ
    • 2019/02/04 1:28 PM
    組長、いつも裾野のために本当にありがとうございます。

    話題変わって恐縮ですが、
    組長もしかして米久の「富士山キャンペーン」の告知をお忘れではないでしょうか?
    (違ったらごめんなさい)
    • 通りすがり
    • 2019/02/04 6:31 PM
    播磨陽子様 脳は凄くて複雑ですね。感情(心と申しましょうか…)に対して客観的に反応する部位が有るとは…「人を呪わば穴二つ」とは、正にこの事でしょう。 先人は感覚でそれを知っていたのでしょう。
    ワタクシは凡人ですから、悪態をつくことも多々あるのですが、今からは気を付けますです。

    理酔拝
    • 理酔
    • 2019/02/04 7:52 PM
    今日は立春。
    季節の変わり目を感じることのできる言葉を持っている
    私たち日本に暮らす者は、なんと豊かなことでしょうか。

    自分がどこの誰なのかも明らかにすることなく、
    無責任に言葉を垂れ流しにすることを、
    自分が選んでいないということに、
    私は誇りを持つことができます。

    周りに振り回されることなく、
    自分が正しいと思う道を、自分らしく歩みたいと
    改めて思いました。
    • 平本魚水
    • 2019/02/04 8:12 PM
    組長先生、日々の句の道の御指導と普及、本当にお疲れ様です。
    確かに、周りの方々により色々な意見が、思いがあり、その中で句の道を歩まれていく事は大変な事だと思います。
    しかし、道とはそういうものだと私は考えます。
    どうか、組長先生が句の道を懸命に一歩一歩と歩まれていくように、そして、同じ句の道を歩んでみたいと言う多くの人々が後から続き光り輝く句史が築かれていくよう心から願います。
    • 野中泰風
    • 2019/02/04 9:00 PM
    組長
    瞬時に読み取り感じ取られる組長ですから天に向かって唾を吐く輩からの罵詈雑言にはどんなにか辟易とされていることでしょう。
    陽当たりの良い場所は風も強いと言いますが組長の理念、姿勢には感動させられっ放しです。
    いつき組の句友たちといつも応援しています!!
    • かま猫
    • 2019/02/05 6:53 AM
    考えが言葉になり
    言葉が行動になり
    行動が習慣になり
    習慣が人格になり
    人格は運命を形作る

    誰が言ったか諸説あるようですが(たぶんサミュエルスマイル)
    自分を含めて不平不満愚痴泣き言等
    否定的な言葉が世界には溢れておりますが、
    前向きな建設的な言葉をいつも発していたいものであります。

    「僕は天を取る僕は天を取る僕は天を取る・・」え、そーゆーことじゃない!?
    • 純音
    • 2019/02/05 9:10 PM
    ただ今、俳句さぼりにさぼっている身ですが、いつもブログ拝見しつつ応援しています。というより組長の行動力実行力に応援していただいているという方が正しいですね。私はとりあえず今は仕事に全力投球。組長、兼光さんもお体にはお気をつけて。
    • 88
    • 2019/02/05 9:25 PM
    言っても伝わらなさそうな相手なら、それ以上伝えない方が良い。
    真摯に伝えようと思う心が、全て無駄になる。精神の浪費をするだけだ。
    言っても伝わらなさそうな相手なら、それ以上関わらない方が良い。
    その方が、お互い幸せでいられる。

    ……罵詈雑言を言われた時に、もしくは罵詈雑言を自分が言ってしまいそうな時に、役に立つ言葉です。

    もっとも、無視したら無視したで……「相手が何も言ってこないのは、自分が正しいからだ」と思って、調子に乗って暴れ放題暴れて、周囲の人間に根回しして有無を言わさず相手を孤立させていく人間もいるから……時に人間というものが、ものすごく嫌になる時もあるんですけどね(-_-;)

    【積み上げど積み上げどなお崩れ落つ 諦められぬ丸い積み木を】
    【水鏡大雨(ひさめ)を耐えて濁れるを 童は投げる石二つ三つ】
    【激流を忌みて小舟の下れども 広き河口に寄る岸もなし】

    にわか短歌(^_^;)……文法は大丈夫かな?(-_-;)
    • ヨミビトシラズ
    • 2019/02/06 5:01 AM
    初めての書き込み失礼します。
    いつもではありませんが、ラジオは拝聴しています。

    ネット上でいろいろ言う手合いはいますね。
    特に、いつき組をわざと結社っぽく言うような御仁は。
    そんな輩への対処の一つとして、かなり以前ですが、
    組長の項目をピクシブ百科事典という事典サイトに作らせていただきました(リンク先はそれです)。
    「結社ではありません」と強調してあります。
    Pixivにアカウントさえあれば同項目の編集は自由にできますので、他のいつき組の皆さんもお気づきの点ございましたら、どうかご編集をお願いします。
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    徒然なるギャ句゛投句フォーム

            徒然なるギャ句゛投句フォーム
    正岡子規の句で「ギャ句゙」に挑戦!古今東西の名句を1音変えてみると、愕然と意味が変わる?!「最小の音変換による最大の意味変換」を狙う知的遊びであります。※複数回投句可能。2019年5月6日〆切。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM