長崎 大浦小にて句会ライブ

0

    「全校児童が一つになって楽しむ!というのはこういうことなのですね!」

    句会ライブが終わってすぐの校長先生の感想が嬉しかったです。

     

     

    なんと子どもたちから圧倒的な支持を得て優勝したのは「法事」を経験しての一句。ひいおばあちゃんのお葬式を経験した田中兄弟の語りが、子どもたちの胸にしみたようです。作者の男の子も「おんなじように、ひいおばあちゃんをなくした子がいてびっくりした」と語ってくれました。「冬の草」という季語に悲しみを託す。その選択もまた詩人、いや俳人です。


    コメント
    もし私が家族のお葬式のことを句にするとしたら「冬の草」を選べるだろうか、とふと考えてしまいました。もっと勉強しよう。
    • 油揚げ多喰身
    • 2019/02/08 8:42 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019/02/08 10:09 PM
    先生!

    長旅お疲れさまでございます。
    暖かいと思ったら大寒波のようです。
    ご自愛くださいね。

    子どもに囲まれると凄いパワーを貰えますよね。
    共感することは心の癒しになります。
    私は絵本の読み聞かせを
    するととても喜ぶので
    よくやってました!
    • りんりん。
    • 2019/02/09 7:09 AM
    本当に…(^^)
    「冬の草」を選び取り、そこに気持ちを乗せることができるセンスが素晴らしいです!
    こどもの感覚って澄んでいますよね。大人には真似できないものがあります。
    奇を衒うこともなく、素直に感じたままを表現できるピュアさに脱帽です。
    • 村上 無有
    • 2019/02/12 5:09 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM