本屋の俳句コーナーウォッチング 三重

0

    三重の七瀬ゆきこからの特派員レポート。

    本屋さんの俳句コーナーが広がってくれること、嬉しいですね♪

     

     

    組長
    ここは、月に1〜2回のペースで立ち寄る本屋ですが、俳句コーナーが広がっていて、前回は気づかなかった、新刊「俳句ことはじめ」と、組長推薦帯の2冊、「季語の植物図鑑」と石寒太さんの「俳句入門」が並んでました。
    「季語の植物図鑑」は、とても充実していて、今日の季語(2019年版季語手帖)「片栗の花」に、早速役立ってくれました。俯き系と思っていた片栗の花、獲物を狙って急降下する貌でした。
    植物図鑑を眺めていたら、散策したくなりますね。今度、片栗の花を探しに行こうと
    思います。おススメ、ありがとうございます。
    七瀬ゆきこ
    ♪♪♪
    七瀬ゆきこ〜いつもありがとう!
    片栗の花の群生を一度みたことがあります。忘れられない光景。
    植物図鑑も歳時記も見てたら飽きないよね。

    コメント
    紫の髪の毛が風でなびいているような感じだからでしょうか?
    鳥の翼にも見える・・・。
    「俯き」ではなく「獲物を狙って急降下」の貌、と。まさに!!!気づかされました!
    七瀬ゆきこ様、楽しい発見をありがとうございました!
    玉川上水の源流の方に、片栗の花の群生地があります。
    花どきは圧巻です(^^)

    • 村上 無有
    • 2019/02/12 5:49 PM
    先生!

    レポートとお写真ありがとうございます。
    本棚に俳句の花が咲き競っています。
    私のイチオシは「絶滅寸前季語辞典」
    です。
    私自身が、絶滅危惧種に相応しております。
    貴重です。

    私、胡蝶蘭より片栗の花が好き。
    可憐でまるで…のようです。
    片栗粉と砂糖に熱いお湯を注ぎトロトロにしたのが母の好物でした。
    • りんりん。
    • 2019/02/12 6:03 PM
    村上 無有様

    ありがとうございます。

    玉川上水、いいですね。
    片栗の花の群生、見てみたいです。

    先入観や固定観念で、俯いている=清楚と見えていた花が、それだけではない事に、少し気付けるようになったのは、俳句のおかげ。
    私も、いつも皆さんの発見、発想、視点に驚かされています。
    見えてなかった世界の、どれだけ広いことかと。


    • 七瀬ゆきこ
    • 2019/02/12 10:50 PM
    組長!
    そろそろ新しい宣材写真撮りましょうよ。このままでは本屋さんの俳句コーナーが同じ写真(青い着物)で埋まってしまいます。
    最近は組長の著書だけじゃなくて、他の方の著書の帯にも組長の写真が載ってますからね。来月発売の北大路翼さんの本の帯も ;-)
    プレバトの時は御髪も着物もバッチリなのでスタッフさんにお願いして、スチールも撮ってもらうとかどうでしょう♪
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM