NHK『日本人のお名前』〜愛媛・由良半島 浦和盛三郎

0

    『プレバト!!』を観た後で、チャンネルが変わって・・・

    そしたら我が故郷・愛南町由良半島が出てきたので吃驚!

     

    浦和盛三郎が集落に住む人たちに様々な名字をつけた、という話でした。

    私は、犬伏武彦さんの著書『南海僻隅の痴蛙なれど』(創風社出版)を読むまで、

    盛三郎のことを知りませんでした。

     

    平成の大合併で、

    我が故郷であり、盛三郎の故郷でもある内海村がなくなる時、

    当時の加幡村長から依頼を受け、

    内海村ポストカードブック『うみいづ』を制作したのです。

     

    半年あまりのその取材で、旧内海村を歩き回りました。

    盛三郎が建てた魚類加工場にも行きました。

    なんと頼もしいセンパイがいるのかと、壮快な思いを持ちました。

     

    この人の生涯は、NHK大河ドラマにすべきではないか!

    それぐらいの面白さが浦和盛三郎にはあると、今も思っております。

    あ、朝ドラかな〜(笑)

    そんときは、ナレーションやらせてね♪ ははは!

     

    ワタクシは、今、愛南町(旧内海村含む)ふるさと親善大使もつとめております。

    今日の番組の中には、

    由良半島の根っこの方に近い我が集落・家串の皆さんも登場しておりました。

    シゲノリくんやらトウキチさんやらキラのハジメさんやら懐かしいお顔を拝見して、

    嬉しく有り難く♪ 佳き日です。


    コメント
    「うみいづ」のお話し、伊月先生のご著書で拝読した記憶があります。
    今夜は感慨深くご覧になられたのですね・・・♪
    伊月先生が嬉しいと私も嬉しくなります♪

    • 村上 無有
    • 2019/04/18 9:48 PM
    番組で愛南町、内海村と聞いて、もしやと思っておりましたが、
    やはり組長の故郷だったのですね。
    あの美しい海で伝馬船を漕いでいらしたのでしょうか♡
    • 山内彩月
    • 2019/04/18 10:28 PM
    日本人のお名前、観ました。
    由良半島が出た時点で、地図で家串を検索して、位置関係を確認。笑。
    故郷の偉人、いいお話でした。
    • 2019/04/19 12:30 AM
    先生!

    私は沢口さんを見てました。

    お名前で番組に推薦してる方がありますが採用されません。
    若い能楽師さんです。

    プレバトの減便の躑躅が好きです。
    高校生の方の楽しみな未来を思います。

    大河や朝ドラのナレーションやって下さい。
    近未来に実現しそうでは?

    先日、美術展を4つ、パンダを見て腰痛になっちゃった。
    でも新幹線の中で絵はがきを整理するのが至福の時間。
    勿論、駅弁も。
    駅員の英語案内が堅実で好感が持てます。
    好きなのは山手線の柔らかな口調。

    今朝、閃いたのが
    智に働けば角が…
    この名文です。
    共感します。
    • りんりん。
    • 2019/04/19 7:30 AM
    ごくたまにですが由良半島、網代までドライブします。
    随分道が良くなりました。
    浦和盛三郎、若くして亡くなったけどバイタリティー溢れる人、風土が組長を生み出したのかも。
    前の句会ライブで藤原純友を地元の子供達が知らなかったのが残念でした。
    • 2019/04/19 8:08 AM
    ひぃゃ〜!うちの親父が〜!
    嬉しいよりも、恥ずかしいがやっぱり勝っちゃいますね。
    • モッツァレラえのくし
    • 2019/04/19 12:35 PM
    おはようございます。

    ただいま、洗濯しながら再放送を観ております。

    わたしは群馬県出身者ですが、友人の中に、旧姓「大根」とかいて「オオネ」と読む友人がおりまして、不思議なものだなあと思っております。
    • 猫愛すクリーム
    • 2019/04/20 10:14 AM
    はじめまして 正真正銘の浦和と申します(笑)
    投稿記事を興味深く拝見させて頂きました。
    当家は祖父の代まで東京浅草に居住しておりました。
    東京大空襲で罹災し 千葉県柏へ移住した経緯があります。

    盛三郎氏との血縁は確認出来ません。
    ご存知の通り 東京下町一帯は焦土と化し 戸籍やお寺の過去帳等が
    消失したためです。

    珍しい部類の浦和の姓の所縁を知りたいと願っております。
    「もしや」の期待と好奇心を思い起こすことが出来ました。
    あらためてお礼を申し上げます。
    • ウラワ
    • 2019/04/27 2:59 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM