黙々と原稿 

0

    一日どこにも行かなくてよい日は、黙々と励む。

    ・・・と言いつつ、息抜きも必要。

    ベランダの目高の鉢が、ほぼヘドロ状態になってたのが気になって、掃除する。

     

    今年も、赤ちゃん目高が生まれている。

    この目高は、草心さんにもらった目高だ。

    命を繋いで、生まれて死んで生まれてを繰り返している。

     

    目高の鉢を二つに増やして、

    そのうち伊月庵にも置こうと思う。

    今日は、水を新しくして水草も新しくして。

    こんなことしてるのも楽しい。

     

    明日は、大阪へ!


    コメント
    大阪ですか。じぶんは明日帰阪します。大阪ね暑いかもしれませんがみなさま時節柄ご自愛ください。自分は今夜のプレバトを楽しみにしています。
    • 清島久門
    • 2019/06/06 6:21 AM
    先生!

    目高さんおはようさんです。
    湿度高めの朝です。

    昔々、鯰のちびちゃんを
    お菓子の空き缶に入れて持っていったら
    皆が喜んで見ていた。
    思い出しました。
    父と二人で捕まえた。
    懐かしいなあ。

    黙々と仕事したら
    プレバトが待ってます!

    • りんりん。
    • 2019/06/06 7:37 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM