枇杷の実きんいろ

0

    枇杷の実も美しい。

    俳句と向き合う志も美しい。

    俳句でつながり合える心と心も美しい。

     

    その輪のなかに入ってくれば、新しい人生が開けてくる。

    自分と向き合う強い心も知らず知らずのうちに鍛えらる。

    健気に生きる命を思いやる心も自然に育てられる。

    俳句って、

    小さくて美しい宗教をひとつ、手のひらにもっているような感じ。

     

     

    さて、

    今日の特派員レポートは、寅次くん。

    退院したのだね!

    よかった♪

     

    組長、こんばんは。
    俳句ポスト、昨年11月の兼題「枇杷の花」の時に取材した木が、
    見事に「枇杷の実」をつけていたので報告いたします。
    先月「柿の花」の記事が組長のブログにありました。
    歳時記を見ると、特徴の一つに目立たないことが挙げられています。
    そういえば、「枇杷の花」も目立たないことが特徴だったなと思い出しました。
    どちらも花は地味ですが、実がなると俄然注目を集めますね。
    寅次

    コメント
    先生。皆さん。初めまして白道と申します。度々先生のお言葉や皆さんのお言葉に勇気を頂いております。俳句は全くの初心者です。ここは私にとってはいつ来ても勉強になる、また来たくなる場所です。辛いことも多々あるのですがここにきては温かい心を頂いております。大好きな場所です。
    • 白道
    • 2019/06/09 1:55 PM
    先生!

    枇杷の木があったことがありました。
    種が大きすぎる、
    アボカドみたいに。

    梅雨のまっただ中
    髪をカットしました。
    美人が更に美人!?

    うん十年前の写真が
    朝ドラのヒロインみたい。
    と約1名言ってる人がいます。。。

    雨の中、買ったばかりの洋服を
    着ているアホです。

    • りんりん。
    • 2019/06/10 7:11 AM
    追伸ですが以前先生がこの名前のご坊様と忘年会云々と言われてましたがその方ではありません。私は別人です。一年前からこの俳号を使い、365日季語手帖にも応募しております。紛らわしく申し訳ありません。昨日の時点では先生のご発言を忘れておりました。
    • 白道
    • 2019/06/10 7:14 AM
    あちらの白道さんには「高橋」と名字がついています。
    こちらの白道さんも名字をつけられたほうがいいかもしれませんね。
    俳句ポストでも「俳号に名字をつけよう♪キャンペーン」やってることですしv
    • せとはるか
    • 2019/06/10 11:22 AM
    せとはるか様。アドバイスをありがとうございました。早速そうさせて頂きます。
    • 石原白道
    • 2019/06/10 3:18 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM