菩提樹の花みにゆかん

0

    『俳句甲子園』地方大会の半分が終わりました。

    今週の土・日に、残り半分の地方大会が開催されます。

    福岡大会を観に行ったという詠美さんからの特派員報告♪

     

     

    みなさまへ
    いつき組長へ


    俳句甲子園九州大会、しごとをおえ駆け込み、第一会場最終試合に間に合いました!
    高校生たちのやわらかい感性が、舌鋒するどい議論が会場に飛び交いました。かなり個性的な作品も飛び出し、さらに理酔先生審査員の句評がまたすばらしくて。作品にいのちをふきこまれた瞬間、鳥肌が立ちました。凄いですね。高校生も大人もみんなでよってたかって、俳句を熱く語り合い真剣に勝ち負けをかけて戦い会う。ことばにより、さらに作品の世界がどんどん深まり会う。

    そんな緊張と感動さめやらぬ中、いつき組有志で箱崎宮を散策。

    理酔さんの導きで、灯籠堂の菩提樹の花をみにゆきました。

    毘沙門天さまを守るようなたわわな緑と花。

    に揺れて花がさあーっとかたにかかります。

     

    箱崎宮には樹齢八百年の大楠。

    中に仙人がすんでるかとおもわれるほど。

     

    いまからさらに八百年経っても俳句はさらにさらに日本にひろがってるんだろなあ。

    なんだかそんなことをおもいつつ、俳句甲子園九州大会の余韻をあじわった八日でした。
    がんばれ!全国の高校生!
    谷口詠美


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019/06/10 2:34 PM
    詠美様

    あの日は楽しかったですね。
    また、よろしくです。


    理酔拝
    • 理酔
    • 2019/06/10 8:55 PM
    詠美さん、素敵なレポートをありがとうございます。
    私も高校生の俳句への情熱に触れ、初心に返り清々しい思いです。
    無事終了後、いつき組の皆さんと菩提寺の花を囲み、筥崎宮へ参拝、俳句甲子園の余韻とともに楽しいひと時を過ごせた事、とても幸せでした。

    また来年も福岡大会のお手伝いをさせて頂きたいと思います。
    実行委員の皆さんをはじめ、関わった全ての方に感謝です。
    第22回俳句甲子園 8月の全国大会の成功を心より願い応援しております。

    組長も兼光さんも、どうか身体に気を付けて暑い夏を乗り切って下さい!
    • 福岡リスナー班/由美子(由づる)
    • 2019/06/10 9:03 PM
    先生!

    中にも仙人が住んではるに
    相違ない!
    お腹が空いたらコンビニで
    おにぎりや
    夕方の割引惣菜を
    買い求めるのかも。
    それは私でした。

    八百年続くなら千年軽く飛び越しますね。



    • りんりん。
    • 2019/06/11 8:02 AM
    理酔さま
    先日は大変お世話になりまして、ありがとうございました。審査員おつかれでいらっしゃったでしょう。大会もすごく密度濃く、楽しく深い学びになりました。こちらこそどうぞよろしくお願い申し上げます。

    由美子さま
    スタッフさん、ありがとうございました。進行を教えて頂いていたので、なんとか間に合って本当によかった。おかげさまでした。ひさしぶりにお目にかかれて嬉しかったです。

    りんりんさま
    ありがとうございます。
    これ、ほんとうにちかくでみるとすごく豪快で仙人の住まいのような気がしました。秋にはびいどろや新ショウガなどの露天もでる、放生会というお祭りもあるんですよ。この箱崎宮。
    • 詠美
    • 2019/06/11 4:34 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM