春の嵐という白波

0

    羽田空港から乗る時も、

    伊丹か関空に着陸するかも・・・との条件付きでしたが、

    瀬戸内海にここまで白波が立っているのを、機上から見るのは初めてでした。

     

    横風がひどくて、なかなか着陸できずヒヤヒヤしましたが、

    再度のチャレンジで無事に着陸。

     

    事務所まで戻り、ドタバタあれこれ片付けて、高知の句会へ。

     

    まっことマンデーくんの心づくしの花器と枇杷の花。

     

    考えてみると、タクシー・飛行機・タクシー・社用車・・・

    合わせて8時間ぐらい乗り物にのってた日でした。長い一日でした。


    コメント
    組長おはようございます、本当に嵐の1日でしたね、飛行機の横風読んでいてもヒヤヒヤしてしまいました。組長のブログを読み一緒に同行させていただいている気持ちでおります(^^;)今日はプレバトまたノート片手に観たいと思います。今日も佳き日でありますように
    • 藤田ゆきまち
    • 2020/01/09 7:07 AM
    組長こんにちは!
    昨日は本当にすごい風でしたね!
    おつかれでしたでしょうが、ご無事でなによりです。
    私は昨日淡路島の伊奘諾神宮に詣でましたが、明石大橋が行きは通れましたが帰りは通行止めで、あわや淡路島泊になる所でした!
    でも長い待ち時間にそんな状況を何句も作ることができ、こんなアクシデントも楽しい時間となりました。
    改めて、組長から頂きました俳句の種をありがたく思ったものです。
    日曜日はいよいよまる裏!三男の嫁のお母さん(俳号ありえす)と松山に行きます!
    そして組長にお会い出来るのがとっても楽しみです。
    • こぶこ
    • 2020/01/09 12:15 PM
    昨日の高知は地面がひっくり返るような激しい風。飛行機が無事四国に到着するよう土佐神社にお願いしました。(それくらいしかできない…)
    きついスケジュールの中、笑顔で来高してくださり本当に本当に感謝です!
    幸せな時間、美しい時間をありがとうございました。
    組長と組長を支えてくださるすべての方の素晴らしい一年をお祈りします。
    マンデーさん。
    いつも花と心遣いに溢れる会場をありがとうございます。

    大阪に発つ子の握る枇杷の枝  桃猫

    • 桃猫
    • 2020/01/09 7:29 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM