オリオンの寿命 

0

    ネットニュースの見出しを眺めていて、ちょっと気になった項目一つ。

     

    大晦日、正観寺での恒例鐘撞き吟行の折。

    廻りが真っ暗でオリオン座がくっきりと見えた。本堂の読経が終わるまで、私たちは真っ暗な境内で三々五々集まってきた「いつき組」組員たちと星座観察を楽しんでいた。北斗七星がこんなに大きいのか、北極星はこんなに輝くのか。オリオン座のなんと冬らしい姿であるか。そんなことを思いつつ句帳を開いていたのだが・・・

     

    オリオン座が崩れる?というネットニュースの見出しに目が釘付け!いや〜吃驚ッ!

    以下、ネットニュースの一部抜粋。

     

    冬を代表するオリオン座の1等星「ベテルギウス」に異変が起きている。昨秋から急激に暗くなり、明るさが3分の1になった。もともと明るさが変わる変光星ではあるものの、過去50年で最も暗い。すでに寿命を迎えている不安定な星で、いつ超新星爆発が起きてもおかしくない。爆発の前兆なのか。もし爆発したら、夜空は、地球はどうなるのか。

     

    ・・・と、こんな具合のニュースであった。

    勿論もっと詳しい解説も載っていたが・・・いつかオリオン座の形が変わる日が来たら、歳時記の「オリオン」という冬の季語の解説も変わる。「季語は生もの」だと常に説いてはいるが、星座にも生き死にがあるのだという当たり前のことを、再認識させられたニュース。

     

    あ、これは道後上人坂の上にある宝厳寺の月。月が消滅する日を思ってしまったワンショット・・・

     


    コメント
    オリオンの話もビックリですが、この月は雲がかかっている!?えっ!?とても不思議な写真ですね(°□°;)
    • 藤田ゆきまち
    • 2020/01/19 2:09 PM
    先生!

    ステキなお写真ありがとうございます。

    昨日、スタジオ見学をしたことのある
    知人とプレバト談義に花を咲かせました。
    先生の添削の話をしていたら何故か
    「そっくりだ!先生みたいだ」と。
    恐縮の極みでして。

    追伸

    私は北斗七星が大好物で、父との記憶が鮮明で。
    予測ですが戦争経験から特に星の位置で自分の居場所を確認してたのかもと、今になって考えます。

    あの賢さの一ミリもないのが残念。
    意地悪さが父に酷似してます。

    • りんりん。
    • 2020/01/19 8:36 PM
    夏井先生、皆さん、こんばんは。

    年に1〜2回プラネタリウムに足を運んでいますが、ベテルギウスの超新星爆発については以前からこの時期のプログラムでよく見かけています。

    そう言えば、星がその一生を終える時に、星の内部で重力が崩壊する現象が起きるらしいですが、その際に飛び出してくる粒子があのニュートリノですよね(うろ覚えなので、間違えていたらすみません 笑)。

    そう言えばそう言えば、つい先日「チバニアン」が国際標準模式地に正式決定しましたね。

    『575でカガク!』、今年も放送があればいいなと思います。
    • 次郎の飼い主
    • 2020/01/19 11:02 PM
     オリオンがなくなるというのは、正に詩人の感性ですね。
    僕はどちらかというとSF寄りなので、ベテルギウスという一個の恒星がなくなる、
    もっと言うと「時間差で光が届いているだけで、全ての星は既に存在しない可能性がある
    (または白色矮星や中性子星になっている)」という感覚です。
    詩人になりたい……。

     亡き星を抱ける冬の銀河かな ひらく
    • 彼方ひらく
    • 2020/01/20 12:26 PM
    彼方ひらく様
    科学する心を持つ人は硬質な詩を吟じる力を有していると俺は思っています。
    貴方は既に俳句と言う詩を吟じる詩人ではないでしょうか。
    理酔拝
    • 理酔
    • 2020/01/20 7:17 PM
    先生お疲れ様です!

    オリオン座というと。
    夜明け前に目が覚めたときに。

    和気浜に行って。
    ウォーキングしながら。
    空を見上げることがあります。

    他の星座もだけど。
    凄くきれいですよ!

    ☆点滴の針あと残る大寒日(かりん)☆
    • 蒼馬かりん
    • 2020/01/20 10:48 PM
    素敵な写真ですね。

    私は8年くらい前に知って以来、ベテルギウスの超新星爆発の観測を楽しみにしています!と言ったら変ですかね(^_^;)
    そんな現象をこの目で見られるかもしれないなんて、すっごくワクワクしませんか?私はワクワクしています。
    • 麗久
    • 2020/01/21 6:43 AM
    理酔様

     ありがとうございます! 「硬質な詩」という言葉に励まされました。
    ハイブリッドを目指しつつ、今持っている感性で頑張っていきます。
    • 彼方ひらく
    • 2020/01/23 12:51 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    いつき組特派員報告宛先

    こちらからどうぞ。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM