『夏井いつきの一句一遊』 兼題「スマ」とは

0

    うちの祖父さんは、特定郵便局の局長でしたが、家業の郵便局は息子である我が父に任せて、自分は魚釣りばかりやってました。その祖父さんの針に「スマ」がかかると大喜びして戻ってきたものです。全身がトロのような魚で、私たちも大好きでした。(スマだけは、よその家にあげないで、ウチで食べてた!)

     

    この「スマ」、実は初夏から秋そして冬まで美味しいものですから、

    季語とするのは難しいかとも思ったのですが、

    それもまた「スマ」の特徴なのだから、これはこれでアリかも!との投句大募集です。

     

    いきつけの料理屋さんにて。

    これが「スマ」です。

    マグロの近縁種です。

     

    むかって、左のピンクっぽいのが「スマ」。

    手前の「きびなご」も好き♪

     

    ワタクシの故郷愛南町のホームページも参考にして下さい。

    https://www.town.ainan.ehime.jp/kurashi/chosei/furusatokifukin/template_iyo-himetakami_02.html


    コメント
    組長! おはようございます。

    スマ美味しそうですね! 日本酒が進みそうです。乾杯!
    きびなごも美味しそうです。スマの右側はなんでしょうね?

    組長の原動力はスマですね!
    • (お漬物)
    • 2020/07/30 5:58 AM
    おはようございます。
    スマですか。妻ではなくて。
    お祖父様のお話を何かで読んだ記憶があります。
    マグロのお友達ですね。
    食べたいです。

    魚が大好き、三度のめしよりも。
    きびなごで長崎の五島列島の旅を思い出します。胡麻の甘酢で食べたような。
    季語であーだこーだと悩むのもシアワセな悩みです。

    母がバイトしていた高級料亭では
    鰆の身を思いっきり付いた状態で骨を始末されておりまして。
    それをこっそり頂き、醤油、味醂、酒で煮魚?にしてました。
    美味です。
    新鮮で良質なものを仕入れる高級料亭だからこそです。大量にあったので二度、三度に分けて食しました!

    花の隅っこで休憩中のこがね虫を起こさないように早起きして向日葵を激写しました。
    行ってきます。
    篠山りんりん。


    • りんりん。
    • 2020/07/30 7:26 AM
    組長のおじいさまのお話し、もっと聞きたい♪
    千津さんはおじいさまの血を色濃く受け継いでいるような気がしています。
    組長のいたずらっ子のようなチャーミングさも、おじいさまのDNAのような♪

    スマ、食べに松山に行かなくちゃ♪
    もう少し、落ち着いたら・・・(^^)

    スズキかしら?タイかしら?愛媛だからタイかしら?
    このお皿のお刺身で日本酒2合はいっちゃうなぁ♪
    ・・・ゴクリ・・・
    • 村上 無有
    • 2020/07/30 8:30 AM
    憧れの魚スマ!
    いつも横目で見ながら、その隣に並ぶキハダかメバチマグロのサクを買います。
    漬丼にすれば美味しくいただけてコスパ最高です。
    年金待機の身としては、しばしの辛抱。
    • kyoto
    • 2020/07/30 8:53 AM
    兼題が「スマ」と聞いた瞬間から、これは私が作らなくて誰が作る!!」と、張り切って「スマップ」俳句を作っていたところ、ぴよぴよ組の睦組長から「魚のスマよ」と教えていただき、がっかりとホッとしている次第です。
    魚のスマ、愛媛県人ながら、食べた記憶がないですが、知らずに食べているかも?
    次の日曜日に八幡浜市のどーや市場(魚市場)に行ってきまーす。
    • のりのみや
    • 2020/07/30 9:33 AM
    組長 おはようございます!

    スマの写真と情報、ありがとうございます!
    愛南町のホームページも見てみます。

    美味なスマを、是非食してみたいです!
    • 赤味噌代
    • 2020/07/30 10:01 AM
    組長、実は私もラジコで初めて「次の兼題はスマ。」と聞こえて来た時……???でした。
    しかも、わざわざ「カタカナでスマです」と言うのだから、これはお馴染みカタカナシリーズの発展型でカタ2文字ととればいいのかもと、広辞苑でスマの入った言葉を探し始めていました(オスマン帝国とか、スマートボールとか笑笑)
    まさかお魚の名前だったとは⁈
    その後、愛南町で〈絶賛売り出し中〉の美味しいお魚と言うことも知りました。
    でも東京のAEONには、さすがに残念ながら売ってなかったです。食べてみたーい!!
    • 東京堕天使
    • 2020/07/30 3:09 PM
    組長様、久しぶりにやらかしましたね。
    ワタクシ、カタカナの「スマ」とおもい嫌というほど自信作を送りましたがね。
    ワタクシ以外の方々もそう想い、頑張って一句を創作したのでは?お分かりとは思いますが、日本はおろか世界中から投句が集まる番組を執り行っているのですよ貴女は。
    後付けでお知らせするのではなく、前もってちゃんと伝えなさい!
    理酔拝
    • 理酔
    • 2020/07/30 7:38 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    いつき組特派員報告宛先

    こちらからどうぞ。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM