山口 クラウド坂の上先生の実践「俳句を推敲する授業」

0

    山口のクラウド坂の上から、素晴らしい実践報告が届きました。ワタクシ、日本俳句教育研究会副会長として、現場の先生方が、こんなふうに種蒔きをして下さってること、深く感謝します。みのる先生といい、クラウド先生といい、山口県やってくれるなあ! 以下、ご紹介です。

     

     

    組長、兼光さん、カンパニースタッフの皆様こんにちは。

     山口のクラウド坂の上です。

     8月4日のいつき組日誌に、国語の時間に取り組んだ俳句の授業実践を掲載していただきました。その節は有難うございました。

     今日はその続きで、俳句大会応募編です。学校がある町には小さな句会があり、その主催の先生が毎年9月に俳句大会を開催されています。市と、市の教育委員会の後援も受けていて、市内外から1000句程度の応募があります。

     毎年、その大会に3年生の俳句を何度も推敲させて応募しているので、今日はその実践を報告します。

    (1) 1学期に俳句の作り方の授業をします。
    (2) 夏休みに宿題として、秋の季語の俳句を作ってくるように指示します。季語は「みきゃん俳句手帳」の季寄せ程度に増やします。
    (3) 2時間かけて推敲の基礎を教えます。具体的に昨年の生徒の俳句を例に挙げながら、ゝ┯譴主役 季重なり、三段切れ、い筺△な、けりの使い方、ジ斥佞侶从儻率(意味の重複)、Ψ茲泙蠕擇辰芯追紊壁集修鬚気韻襦△裡瓦弔砲弔い討覆襪戮具体的に説明します。ここで組長の本が大活躍です。そして宿題で1回目の推敲をしてくるようにします。
    (4) 宿題で推敲してきた俳句を、グループ活動で少人数で見せ合いながら、意見を貰ってさらに推敲します。これで2回目の推敲です。
     (5) ラストは生徒全員での意見交換です。1クラス23名なので何とか1時間で終わらせます。全員の俳句をプリントにして配布し、ここを直した方がいいのではないかという意見を書いて、それを切り離して作者に返します。教師のアドバイスもそれには含
    まれます。その意見をもとに最後の推敲をします。

    この結果できあがった句が写真の句です。

    写真に23番が抜けていました。
    23 風の歌頭を垂れて聞く稲穂 

     

    エクセル横書きを行列変換したので、左から右に数字が大きくなっているのはお許し下さい。私の添削を子どもが取り入れているのもあれば、全く無視されているのもあります。秋の季語じゃなかったり、季語が主役じゃなかったり、句意が分かりにくいものもありますが、生徒の意思を尊重してそこまでは添削していません。

    生徒の間で互選したところ、

    1位は34番 泥多きシューズに少し残る夏  

    2位は35番 レモン味じゃない初恋をしている でした。

    やはり生徒にとって部活動と恋が大きな関心事のようです。

    さて、本番の俳句大会ではどの句が賞に入るか、それとも全没か。私も生徒も楽しみにしています。
    結果が出たときに又報告いたします。  クラウド坂の上


    コメント
    私もこの授業に参加したかったです。
    おはようございます。

    恋に年齢は不問です。
    19 猫に囲まれり
    いいなー。
    今朝も三毛と戯れて危うく遅刻しそうになりました。猫が大、大好き。
    昨日のおっちゃんの添削良かったです。あまり抗議されてなかったようにお見受け致します。
    横尾くんの、は、は、は、に気付きました。恋に年齢はやはり不問です。

    この場で短歌を申し訳ないのですが、
    五七五七七
    五七五七五
    二音不足に気付きまして修復に奔走中。

    俳句はこころの友でして。

    夜更かしのバデイーや小さき虫の聲

    • りんりん。
    • 2020/09/11 7:27 AM
    初めまして!
    クラウド坂の上先生、8月4日のご報告の俳句には一位、二位共に情景が浮かび感心しました。
    「ソーダ水君と二人のベンチかな」
    「バスの中夕焼けにみな静かなり」
    9月の定例句会は市内外から1000句とは凄いですね。俳句の盛んな地域にはきっと人を思いやる心が沢山育ちますね。熟慮した46句みな素晴らしいです。
    私は今年5月から始めましたが、私より遙かに皆さん上手で参考になります。ありがとうございました。
    俳句大会の入賞を祈ります。又、結果報告をお待ちしていまので宜しくお願い致します。
    • お漬物
    • 2020/09/11 7:27 AM
    生徒さんの作品のレベルの高さに呆然…
    指導力をただただ尊敬します。
    人はみな俳人なのですね。
    自分もなにか作らなきゃ!という気持ちにさせられました。

    個人的には「夜長し着信音を切っている」が好きです。夜長に携帯は野暮。自分の世界を持ち、それを愛してる生徒さんの孤高を感じました。
    • 背番号7
    • 2020/09/11 9:02 AM
    クラウド坂の上先生の俳名は、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」からつけたのですか。

    それはさておき
    30番が私は好きです。
    そんなこともあったなと、50年前を思い出しました。

    とにかく、皆さんお上手で感動しました。

    結果報告を楽しみにしています。
    • 亀田かつおぶし
    • 2020/09/11 1:42 PM
     組長、兼光さん、カンパニースタッフの皆様、お世話になります。
     私のレポートの掲載有難うございます。
     
     さて、記事をお読みになった方は、句のレベルについていろいろ思われたことと思いますが、これにはレポートには書いていない理由があります。
     それは、これが小中一貫教育の取組だと言うことです。文中に出てくる地元の句会の先生とメンバーの方が、小学校で俳句作りの指導をされているのです。それ自体は地域連携教育の一環です。

     取り合わせの技法、季重なりを避ける、三段切れを避ける、直接感情をあらわす言葉を使わない、物や事を詠む、などについて小学校5,6年の段階で習っています。また、5,6年生は、毎週月曜日の朝学で俳句を作ることになっています。

     私が中学校に転勤して来た時、せっかくの小学校の取組が中学校では継続されず、途切れてしまった状態でした。私も地元のその句会に参加するようになり、中学校に続いていないのがとてももったいないと思いました。そこで中学校でも小中一貫教育の観点や地域連携教育の観点から、総合的学習の時間や国語の時間を使って、俳句作りを始めました。そのため今の中学3年生は俳句歴5年目になります。

     そんな生徒達なので、推敲を重ね、こちらの添削にも納得して取り入れたり、納得しないところは取り入れなかったりして、この句たちができあがった訳です。これが小中高一貫だったら、俳句甲子園に出場するところなのですが(笑)

     かえすがえすも、みのる先生の高校とは県の両端なのが残念です。

     この5年を通して子ども達が俳句の魅力に目覚め、一人でも俳句を続ける生徒が出てくれば、望外の喜びです。これからもこつこつ俳句の種まきを続けていきます。

     
    • クラウド坂の上
    • 2020/09/11 2:13 PM
    ステキな授業です♪
    私もこんな授業実践を受けたかったなぁ!

    若くてフレッシュな感性がまぶしいです(^^)

    5、13、24、34、35・・・好きです♪
    • 村上 無有
    • 2020/09/11 4:30 PM
    クラウド坂の上先生、はじめまして。
    生徒さんたちは俳句歴五年になるのですかー!
    頭の柔らかいうちに俳句の基礎をしっかりと勉強できて、なんと羨ましい!
    これからの人生に、俳句を詠む力が支えとなる事もきっとあるでしょうね。

    どれも素敵な句ばかり…結果報告楽しみにしております(^-^)
    • 赤味噌代
    • 2020/09/11 9:25 PM
    クラウド先生、お疲れ様です。素晴らしい取り組みの成果を見させていただきました。組長のブログにこういう形で若い世代の子たちの俳句が紹介され、皆さんがそれを見てそれぞれの句に思いを馳せる…俳句の繋がりっていいですね。

    ちなみにみのるは…

    15 盆用意出さないままの客布団
    24 鈴虫やゆっくり乾くユニフォーム

    が素敵だなぁと思いました。他にも幾つかありますが、やはり選べません。勉強が得意、不得意に関わらず自分の言葉を紡ぐために一生懸命指を折りながら考えている姿を見てると、何ものにも変えがたい時間を共有している気がしますよね。

    チーム裾野ではありますが、クラウド先生の実践を見てまだまだ勉強だなぁと思いました。

    追伸…ちなみに僕は梅沢さんの俳句が大好きです。THE王道と言えるような美しいもの、雅なものをきちんと五七五の世界に詠もうとする姿勢は見習いたいです。梅沢さんのこれまでの人生経験値にも裏付けされてるんだろうなぁ。早く句集ができますように(^o^)
    • みのるみ
    • 2020/09/11 10:27 PM
    こんにちは、中学生もすごいですね。
    28 鬼火を潰してしまう反抗期
    が好きです。
    自分の鬼火が反抗期と分かってるから潰してしまう。あまり無理して我慢しないでと、俳句に詠めるんだから大丈夫。の気持ちになります。親ならお守りにしたくなります。
    • トウ甘藻
    • 2020/09/12 10:52 AM
    先生、こんばんは。
    24、鈴虫やゆっくり乾くユニフォーム
    とても好きです。。昼間の練習、洗濯して部屋干しと鈴虫の鳴き声、過ぎゆく夏の思い、少し秋の風を感じはじめた時分、この句を詠んだ人、想い、そういった気持ち色々と想像しました。

    • 昭女
    • 2020/09/12 11:36 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    いつき組特派員報告宛先

    こちらからどうぞ。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM