「あいうえお俳句」句会ライブ 御礼選 「並選」

0

    昨日に引き続き、YouTube生配信第1回「あいうえお俳句」句会ライブ御礼選。

    今日は「並選」の発表です!

     

     

    ◆並選
    さしすせそ空にパンパス秋旱        なぎさ
    ざじずぜぞ雑巾絞って夏の風        のえ
    らりるれろ呂律まわらぬちゅーりっぷ    なかとみのかに玉
    あいうえおお話楽し秋の風    hanami    
    さしすせそソフトクリームの流れる手    Haru
    さしすせそそは何だっけ蟻地獄    M U
    かきくけこコオロギ集く自粛の夜    Shoji            
    ぱぴぷぺぽポケモン探す秋の空    summon
    はひふへほ本に挟みし赤い羽根    TAC
    かきくけこ小姑来たるそぞろ寒    あいうえお
    まみむめも文句ひとつも無い月夜    あきなお
    やいゆえよ用法知らぬ流れ星    あきののかなた
    たちつてと投句あせって蟻地獄    あべの早太郎
    まみむめも桃滴たらす素顔かな    ありのみ
    わゐうゑをヲタクの汗のつくる雲    アレっくす
    だぢづでどどこにもいけない夏休み    いたちっこ
    ぱぴぷぺぽポッと飛び出す水鉄砲    いちごとまと
    らりるれろ「ロン!」と重なる除夜の鐘    いつくま
    かきくけここっちへ来るな屁こき虫    うみのひつじ
    たちつてとトトロ現わる夏の宵    うりも
    まみむめももっこりと来る秋の波    えりうにちゃん
    たちつてと飛んでみたいとおけら鳴く    おいしいおから
    あいうえおおにぎりをはむ吾子の汗    おおくま絹幸
    ぱぴぷぺぽポリーニ冴えわたり夏夕べ    オキクルミ
    さしすせそ相場下がるや空高し    おゆき            
    ぱぴぷぺぽぽつと赤らむソーダ水    お四国さち
    なにぬねの野に咲く花は椎の花    お漬物
    はひふへほほだしほだされ桐一葉    かがのちよじょ
    さしすせそそろばんの音秋高し    かず
    あいうえおお参り帰り蝉の声    かずこ
    まみむめももう過ぎたるや七夕よ    かすみそう
    ぱぴぷぺぽぽいぱぽいぱと汗する子    カヅラ梅
    あいうえおオガネソンかな梅雨ぐもり    かるめん
    まみむめももう時間ないオニヤンマ    かをり
    かきくけこ今年は誰と柿食うや    カンガガワ
    かきくけこ小姑にやる酸い林檎    カンガルーのしっぽ
    らりるれろ論文就活夏休み    ガンマ線バースト
    さしすせそそっとドア開けゼラニウム    きー姉
    まみむめもモヤイの黒さサングラス    クィアウルフ
    らりるれろロボット兵の手にビール    ぐでたまご
    やゐゆゑよ呼んだ?わたしを秋の闇    くみくまマフラー
    まみむめも森の奥へと黒揚羽    クラカタ サラ
    なにぬねの覗きからくり水狂言    くりはらいちこ
    かきくけこコロコロ笑顔くりひろい    クリプロ
    あいうえお落ちたマスクに夏木立    くれは
    やいゆえよ世の中樂し天高し    クロまま
    あいうえお覚えておこうこの夏を    けいこ
    ガギグゲゴゴジラ蹂躙炎天下    ゲッテン
    あいうえおオカリナ優し秋初め    こうべまさこ
    あいうえお同じ時間に南風    コキア
    はひふへほほたる飛ぶ夜やジャムを煮る    こじゅんこ
    まみむめももどかし指の夏配信    こぶこ
    らりるれろろうそくゆれるおぼんだな    こむこむにゃんにゃん
    あいうえお大洗では青嵐    こめたくけんじん
    なにぬねの登る山初暑秋かな    サーコ
    かきくけこコロナ憎しや油照り    さかな
    らりるれろロウソク灯る南天の花    シジュウカラ
    かきくけこ蟋蟀なけり厨のと    じじ座
    かきくけこ今宵もビールと冷奴    じったくい
    かきくけこここも消毒にほふ夏    じぶんこ
    ぱぴぷぺぽポップコーンにかき氷    しみずこころ
    さすすせそ空から見てるコロナ禍を    シャンソン人形
    なにぬねののんびり欠伸孕み猫        じゃすみん
    なにぬねの飲み明かさんと夏の暮れ    しゅねこ
    はひふへほほっと投句す蝸牛    じょいふるとしちゃん
    ざじずぜぞぞんぞんつもるみぞれゆき    ジョーク松山
    はひふへほほふほと蛍逢瀬の夜    ジョビジョバ
    さしすせそ素麺逃げし銀シンク    すみれ
    たちつてととんがり帽と夏休み    ずんたん
    まみむめも猛暑に勝ぞ水飲むぞ    せっかちばば
    だぢづでど団栗ふればころと揺る    せり坊
    さしすせそそっと始まる薪能    そばうどん
    はひふへほ惚れた弱みや猫の恋    そまり
    あいうえお青空に生う棕櫚の花    だーちゃん
    あいうえお恩納村マンゴーかき氷    ターボ満タン
    たちつてとトラウマ溶かす春の雨    だいあ
    かきくけここもれびの森秋の風    ダイアナ
    あいうえお大空に生う棕櫚の花    だいちゃん
    らりるれろロードバイクで夏の朝    タカヒロ
    ぱぴぷぺぽぽけつと数へ合ふ星合    たろりずむ
    あいうえお大人はいつも大晦日    たんもく
    かきくけこ困らせる子の炎天下    ちえ
    なにぬねののんびり俳句夜長かな    ちえ
    かきくけこ米カビ生えて梅雨あがる    ちな
    はひふへほ鬼灯そだて棚飾り    ちゃーちゃん
    さしすせそ蕎麦ゆであげて秋の宵    つばさ
    がぎぐげご午前三時の秋時雨    ティーダ
    かきくけこことば俳句に化ける秋    ドイツばば
    あいうえお含羞草のごと初投句    どぅんどぅん
    やいゆえよ酔ってごろんとたまご酒    とみことみ
    やいゆえよよなよなエール熱帯夜    ノーリー
    さしすせそ速歩のシューズ梅雨晴間    のぶみん
    あいうえお大人になつた日の月夜    のぶりん
    たちつてとトマトの赤き夏の朝    のり
    さしすせそそぞろに歩く桜坂    のろまなじん
    ざじずぜぞゾッとする夜幽霊と    はっこう
    まみむめも猛暑極暑とテレビから    ばば・ばあちゃん
    かきくけこころんだげたに夏の雨    ばばばばばばあ
    やいゆえよ吉野家に吹く黒南風か    はるさめ丸
    かきくけこコンドル飛んで秋日和    ハルノ花柊
    さしすせそ葬式の折り秋の昼    ハルミ
    なにぬねの脳内攻撃蝉時雨    ばんどうまーぴー
    たちつてと友の声する萩の庭    ビー玉
    たちつてと登山口から山光る    ピグママ
    わゐうゑををのこ立ちたる雲の峰    ひでやん
    かきくけこ子猫カリカリ食べる音    ひのきち
    なにぬねののんびり生える山しめじ    ひろきち
    なにぬねののんびり行くか秋の暮    ひろり
    らりるれろろんろんろんと秋の風    フジ
    あいうえお教えて愛を流れ星    ふじのん
    なにぬねののーとは埋まり花畠    ふっこ
    かきくけこ子供と遊ぶ扇風機    ふっこっこ
    さしすせそ空真青なり曼殊沙華    ぶっぽうそう
    なにぬねの野火の余韻や夏の霧    ふみこ
    はひふへほ蛍の宿に夜の風    ふゅみー
    なにぬねの登りきれずに夏の山    ペトロア
    あかさたな波くる投句夏の午後    ペペロンチーノ好きき
    さしすせそ卒アル片手に一人酒    ぺれっぺー
    かきくけこ孤島包める星月夜    ボイス&フィンガー
    たちつてと時の記念日腰掛ける    ほにゃ
    かきくけこコーヒー薫る夏の朝    ボヤボヤまり奴    
    あいうえお音楽聴いて秋の蝶    マッサン
    かきくけこコロナ禍参る盂蘭盆会    マテバシイ
    まみむめもももはおいしい甘い味    まどす
    なにぬねののんきな息子夏休み    マムシ銀行
    あいうえお音楽を消す夏の雨    まめしー
    あいうえお弟泣いて油蝉    まりや華月
    たちつてと投句諦め秋を待つ    まるこ
    パピプペポポインセチアの並ぶ街    マレット
    かきくけこ氷シャクシャクいちご味    みくじん
    たちつてととろける氷星涼し    みずきり
    なにぬねの野菊揺らして白き狗児    ミセウ愛
    さしすせそ算盤弾く吾子の春    みっちー
    なにぬねののんびり投句初嵐    みにとまあいこ
    たちつてとTOEIC後の夏氷    みみん
    さしすせそそんなつもりじゃ厄日かな    みやまおだまき
    あいうえおお尻まつ白秋の月    めたもん
    さしすせそ祖母の居眠り籐寝椅子    もこもこ利椛
    かきくけこコロナに負けず遊ぶ夏    やまだ童子
    はひふへほ歩幅合わせて七五三    やまちー
    だぢづでどドンキには無い曼珠沙華    やまもとせんせい
    はひふへほ頬を張りたる日の盛    ゆりらりら
    やいゆえよ夜中に薔薇は散りつくし    ようこうよ
    さしすせそそつとつまんだ散り桜    よかとこ
    ガギグゲゴゴキブリギラリ照る夜道    よだか
    かきくけこコアラのマーチ夏疾風    ラーク太郎
    かきくけこコが言えない子こどもの日    りぼん
    あいうえおおふろであそぶ夏休み    りんりん
    あいうえお小川にひたりすそ涼し    れれれおん
    さしすせそそっと見ている秋の蝶    れんげ草
    はひふへほ微笑む祖母の魂祭り    ロッキーママ
    あいうえおおいおい行くよ星月夜    わんわんくん
    やいゆえよ夜明けの晩の星祭    ゑみ
    さしすせそそろそろソーメン大バーゲン    依里
    あいうえおお山は遥か鬼やんま    一港
    たちつてととぼとば孤り炎天下    一枝
    かきくけこ子に目印の運動会    一生のふさく
    なにぬねの軒にかくれて残る蝉    詠頃
    かきくけこ今年はひとりの盆休み    猿尾里
    あいうえお男心と秋の空    縁穐律
    かきくけこコロナ退散願う夏    黄色い夏
    さしすせそ掃除大変秋暑し    音々
    あいうえお踊り明かすや風の盆    加賀くちこ
    たちつてと時計の止まる目借時    夏柿
    たちつてと所せましと心太    河漢
    あいうえお覚えておこう残暑さへ    河野なお
    あいうえおおにぎり食めば秋暑し    花木柳太
    かきくけここちら南予は雷雨    花紋
    らりるれろ老母の鼻歌秋の風    花陽
    がぎぐげご豪雨で流るる毛虫かな    海色
    ぱぴぷぺぽポンと花火は出でて去り    灰田兵庫
    かきくけこ公園のネコ日向ぼこ    蟹丸
    まみむめも森の雨見て梅もどき    蛙子
    さしすせそソロリ短夜の朝帰り    柿ピー
    かきくけこ恋人誘ふ秋祭り    楽子
    あいうえお大きくかじる桜餅    椛
    らりるれろ論より投句麦茶かな    蒲公英
    たちつてととろける氷星涼し    観月かすみ
    たちつてと都会を泳ぐ秋あかね    関屋
    らりるれろ呂律回らぬ猿酒    喜音
    かきくけこごろんと昼寝畳の香    喜心
    まみむめももうすぐ誕生日の秋だ    輝龍
    あいうえおお家で俳句秋の空    亀田かつおぶし
    さしすせそそらにまつかな秋夕焼    吉田芳子
    はひふへほホームライブや汗だくに    丘るみこ
    まみむめももう少し白玉作る親子かな    宮下花
    あいうえおおっちゃん泣いた盆休み    弓真
    あいうえお雄猫撫でる夏の空    橋大
    まみむめも桃にうまれてぶらさがり    橋本牧人
    たちつてとトマト水茄子ところてん    鏡餅
    さしすせそしゃりしゃり食べるかき氷    暁民
    たちつてととてとて三歩浴衣の児    玉和
    さしすせそ蕎麦屋の庭の額紫陽花    金山乗好
    ばびぶべぼぼんやり見上ぐ盆の月    銀ねずみ
    がぎぐげごゴジラゴキブリ三億年    苦茶
    まみむめももふもふ毛並み雲の峰    熊縫まゆベア
    かきくけこ紅一点や運動会    月と太陽
    たちつけととまと酸っぱし朝の庭    月影の桃
    たちつてと蜥蜴が消えるミステリー    月枝
    たちつてと戸から香るは夏料理    月萩つなぎ
    あいうえおおうちでライブ夏の午後    健の丞
    さしすせそ楚々とデートのソーダ水    謙久
    やゆよやよ酔った帰りの夏の月    古澤気延
    だぢづでどどかどか食らふ零余子飯    戸部紅屑
    まみむめももめるふたりや紅葉鮒    湖雪
    なにぬねのノック飛ばすよ鰯雲    胡桃
    あいうえお狼怖い今朝の秋    五月花
    まみむめも優しいカーブ水着女子    光源爺
    まみむめも桃を頬張る夏休み    光合成
    さしすせそそうめん冷やす七回忌    広瀬康
    あいうえお追っかけながら水しぶき    更紗らら
    らりるれローランドマスクの上の目もキララ    香雪蘭
    かきくけこ公園広し秋の風    高橋ひろみこ
    たちつてと取り残される神の旅    高木みつこ
    あいうえおおとなりさんと揚花火    佐々木ふく
    はひふへほ酸漿ふふむ母の夢    佐山みはる
    らりるれろ老教授の背田水沸く    佐藤和束
    ばびぶべぼ孑孑の住む手水鉢    沙那夏
    なにぬねの飲み会帰りカシオペア    彩瞑
    かきくけここんなの出来た汗拭う    菜見
    かきくけこ公演暑し赤とんぼ    冴月
    かきくけこコケコッコウの夏目覚め    雑草畑
    あいうえおおでん取り合うおそ松くん    三浦にゃじろう
    らりるれろロンと叫ばれ熱帯夜    三連単
    かきくけこコオロギ集く自粛の夜    山翔之
    わゐうゑををんをん呻る扇風機    市川一夜
    さしすせそソースかけすぎ山キャンプ    紙魚男
    らりるれろ路頭に迷い秋の蝉    紫衣留
    らりるれろロンドンの街木の芽風    紫苑
    あいうえお俺の朝顔だけ枯れた    次楽
    さしすせそ素知らぬ顔でささげめし    七瀬ゆきこ
    たちつてと友と走った雲の峰    漆黒のゆーちゃん
    はひふへほ鬼灯鳴らす宵の口    実葉入 秋
    ぱぴぷぺぽポニーテールに風薫る    篠悦子
    さしすせそ掃除の前にまず麦茶    朱鈴
    やひゆゑよ宵い酔い良い夜眼鏡置く    樹二千
    なにぬねの脳味噌も沸き立つ残暑    舟舟
    はひふへほ頬にぽたりと夕立前    住吉敦子
    かきくけこ恋の初心者吾亦紅    春景
    たちつてととっちらかす子春疾風    春日和
    あいうえお大きな時計秋の昼    緒方桃子
    はひふへほHOTなヨガよ星月夜    小いっさ
    かきくけここけし微笑む日向ぼこ    小山田 清
    まみむめももう会えぬ人蝉しぐれ    小倉あんこ
    たちつてと時の日の鳥飛び去りぬ    小白虎
    かきくけこコロナ渦静かな甲子園    尚茶
    なにぬねの呑んべいの父菊の宿    松井くろ
    やゆよ横犬と夫と秋暑し    松山のとまと
    あいうえお大人の恋は大文字    松瀬章々
    あいうえお鬼の居ぬ間のクリスマス    笑松
    たちつてと唐辛子まだ赤くなく    笑姫天臼
    なにぬねの能登鉄道で夏期休暇    新井ハニワ
    やゆよよろよろ梯子酒秋の夜    森松
    さしすせそそぞろ歩けば蕎麦の花    真珠星倫世
    かきくけこ降参します夏の空    真昼
    はひふへほほんとにほんとに秋がきた    水きんくつ
    なにぬねののの字を書いてレモン食む    水樹河陽
    きゃききゅけきょ今日のラッキーアイテム蚊    水蜜桃
    さしすせそ祖父見送りし秋晴よ    酔兵衛
    かきくけこ恋のさやあて歌留多取り    杉野てんこ
    だぢづでど土用太郎のライブかな    晴耕
    かきくけこ転んだ先の蜃気楼    生野薫
    かきくけこ高気圧かな秋暑し    西田月旦
    らりるれろローソク曲がり墓参り    青山みるく
    ばびぶべぼ坊主こっそり猫じゃらし    青木りんどう
    さしすせそ素麺つるり直滑降    斉藤梨園
    らりるれろ蝋燭たてて花火かな    石井瑩
    らりるれろ呂律回らずそぞろ寒    石岡女依
    わゐうゑを追う子のいない鬼ごっこ    雪だるま
    あいうえおお爺の家出日雷    雪乃
    がぎぐげごゴリガリキーン氷菓子    千風もふ
    なにぬねののんびり秋刀魚食べにけり    占新戸
    はひふへほほで敵彼方空高し    浅野明星
    さしすせそ空青き秋生配信    蘇芳襲
    かきくけこコロナ恨むか油蝉    相英
    たちつてと蜻蛉がひらり空は青    蒼
    かきくけこころころ転ぶ子かまきり    村上無有
    あいうえお頤の香(かざ)団扇かな    多風
    さしすせそ空に黒雲はたた神    多摩湖
    らりるれろろくろくるくる照紅葉    打楽器
    たちつてとトマトおにぎり秋うらら    鯛ちゃん
    ざじずぜぞぞっと百物語終う    鯛飯
    あいうえおおぼつかぬ手で打つ無月    大阪桜
    はひふへほ本に夏空広がりぬ    大津美
    はひふへほ惚れた弱みの月見草    谷 久乃
    かきくけこ金平糖を牽く小蟻    箪笥
    さしすせそ空を睨むや濯ぎもの    茶の花
    らりるれろろれつまわらぬちゅーりっぷ    中臣かに玉
    たちつてと投句とうくや秋暑し    中西柚子
    たちつてととんだ結末百物語    中川ひみこ
    はひふへほ本音隠して蛍狩り    町田まち
    なにぬねのノッてるいつき生ビール    長ズボンおじさん
    まみむめももう歯が生えた孫の夏    長子
    さしすせそそうではないとソーダ水    長生
    やゐゆヱよ夜顔の閉づ逢瀬なり    鳥羽南良
    かきくけこコロナ自粛の大文字    通草
    はひふへほ鬼灯ほぐほぐほらできた    定吉
    さしすせそ空に群れる鰯雲    典華
    たちつてと取って取っ手と林檎の手    典子
    まみむめも揉んで絞って胡瓜もみ    田絵
    かきくけこ氷菓子手に初ライブ    田子たん
    さしすせそ底抜けたかの夏の海    登久光
    たちつてとトロッコで行く夏の旅    冬菊
    だぢづでど どでかいお尻 草むしり    東雲 悠
    かきくけこコスモス咲う通学路    東原桜空
    かきくけこコロナ襲来夏マスク    桃シェイク
    さしすせそそうめん冷やす山の水    藤岡伊集
    ガギグゲゴgoto愛媛青みかん    踏野正東風
    なにぬねの飲んべえが好き後の月    凪歩実
    まみむめももうすぐ喜雨がやってくる    日土ぽぽんた
    ぱぴぷぺぽポケットの中カブトムシ    馬門宗太
    あいうえおお暑いことで会う度に    俳菜ひろこ
    はひふへほほろほろ咲いたさるすべり    梅野
    さしすせそ料理失敗蕎麦啜る    白雨
    かきくけこ子らの頭上に天の川    白熊犬
    さしすせそ空に透けゆく立葵    白藍こはく
    なにぬねの残り物食べ扇風機    白薔薇
    まみむめも猛暑にしようもない俳句    麦吉
    あいうえお鬼蜻蛉行く河原道    八つ橋
    しゃしぃしゅしぇしょ少年無口秋の海    八十八
    かきくけこ子を打てばこの手の炎ゆる    八重ちゃん
    かきくけこコーラで赤くなったべろ    隼君
    あいうえお折り紙湿る秋暑し    番美
    やいゆえよヨットも空へすっと立つ    磐田小
    がぎぐげごごっそりと籠赤まんま    比らり
    ぱぴぷぺぼポカリをゴクリ熱帯夜    秘英知
    ぱぴぷぺぽポットオープン麦茶呑み    秘密匣
    だぢづでど曇天照らす吊るし柿    美好    
    あいうえおおまえも生きよおなもみよ    柊弥
    まみむめももう少し夏休み欲し    百音千花
    さしすせそ空いつぱいの赤とんぼ    百日紅
    あいうえおお襁褓替えまた秋暑し    浜 けい
    たちつてとトマトのしみる口内炎    富山湾
    さしすせそ蚕豆の花蹴り上ぐる    扶郎花
    ばびぶべぼ傍若無人の曼殊沙華    風の木原
    さしすせそ空に向かえよ鮭颪    風花美絵
    さしすせそ草々を置く夏見舞    風慈音
    「さしすせそ」揃え初春に子と厨    物部景政
    やいゆえよ夜中布団で蚊と戦闘    弁当売りの少年
    たちつてと都電の風に散る桜    歩く梨タイム
    あいうえおおしくらまんじゅう片想い    穂高雨宿
    まみむめも桃狩り土産仏壇に    菩華
    らりるれろ炉明かりにババの恋バナ    縫布縫布
    あいうえおオリバーカーン見る秋夜    豊哲
    かきくけこ子供汗かき駆ける居間    房総たまちゃん
    かきくけこ木の実ころころ山下る     望月ゆう
    たちつてとトラック止める鴨の子ら    北の山猫
    はひふへほ箒逆さま鵙日和    北藤詩旦
    なにぬねのののじでねてるふゆのねこ    本田ちま
    タチツテトトケイカチカチ熱帯夜    本田むらさき
    かきくけこころころ駆けて木の実降る    眠井遠雷
    まみむめも桃をわけあう夜更けかな    無名
    はひふへほ豊作なるや生配信    明神おぼろ月
    やいゆえよようよう夏も半ばかな    明石焼穴子
    さしすせそそそくさ出した枯れ薄    明日香かぜ
    たちつてと玉蜀黍と坂下る    明礬夏彦
    かきくけこ今夏の太陽殺人罪    猛暑日
    かきくけこコルクを開けて焼く秋刀魚    網野れいこ
    らりるれろ路地裏歩くカブトムシ    木村定食
    さしすせそソバージュにして春ショール    門司区ビリケン
    ぱぴぷぺぽぽんとでてきたながれぼし    門前の一草
    あいうえお大人になる日星月夜    野井みこ
    あいうえおおみくじだるま横座り    野山遊    
    さしすせそ蕎麦つゆ飛びし月の光    優羽
    たちつてと採ってすぐ茹で月見豆    友千也
    がぎぐげごGOTO(ゴートゥ)いずこ夏休み    由東
    ぱぴぷぺぽポンチにたぷたぷソーダ水    夕加
    さしすせそそつと寝かせる昼寝の子    誉茂子
    かきくけこころなこんとんなつさかん    洋子
    はひふへほほほ引き締めて初仕事    羊太
    だじぢてどどこまでつづく秋暑し    陽花
    かきくけこコース初日の秋の空    陽光樹
    あいうえお落ちたアイス夏休み    乱文女
    かきくけこ子供と食べる夏の雲    利由
    らりるれろ呂律回らぬ夏マスク    立樹
    かきくけこ氷かき込む昼休み    涼瑞
    たちつてと床屋の亀の夏帽子    緑ちーこ
    まみむめも紅葉流れる大河かな    鈴音
    あいうえお尾長喧し秋の朝    鈴白菜実
    だぢづでど土手に揺蕩ふ冬の蝶    劣勢パンダ
    だぢづでどどこでもドアで夏の海    蓮台寺川奈
    あいうえお尾瀬の小道や青い空    侑
    あいうえお大きな文字の寒復習    芒花
    あかさたな夏の終わりの生配信    蘊蓄伯
    さしすせそソルトは塩か渡り鳥    盒極兪
    らりるれろろんろんろんと秋の風    かとうよしみ
    さしすせそソーダ水から透ける街    堀 雅一
    らりるれろ路面電車がさける雲    宮川 隼
    だじづでどどろんこあそぶこいのぼり    中谷としゆき
    たちつてと時計の止まる原爆忌    小山寿美代
    あいうえお帯をぎゅっと去年今年    三宅あきと
    たちつてと透明な傘買ふじんべ    嶋田奈緒
    たちつてと戸の歪みから穴子の香    月萩つなぎ
    はひふへほぼっちゃん読みし夏休    いくた武
    まみむめももう一度恋居待月    平井伸明
    なにぬねのノートふやふや汗の跡    林 弘(ひろむ)
    まみむめももうすぐ母に望の夜    村山恭子
    あいうえお置いてけぼりの夕かなかな    ななみ舞
    はひふへほ螢光るよおかあさん    ひろなかあきふみ
    かきくけこ氷を噛み砕く奥歯    山之内崇伸
    あいうえおお子様ランチ揚花火    吉瀬正秀
    かきくけこ恋する君へソーダ水    村山恭子
    はひふへほ包帯目立つ寒雀    姫子松一樹
    あいうえお親失格の赤トンボ    サイコロピエロ    
    ぱぴぷぺぽぽーんぽーんと夏来る    ハンブルガー
    まみむめも猛暑乗り越えカンナかな    真喜王
     

    ★明日は「佳作」

    ★明後日は「秀作」の発表です!


    コメント
    めちゃんこ楽しそう!!
    ポケモン探したい。

    おはようございます。
    朝夕のひんやりが助かりますが、風邪に注意です。
    松尾芭蕉の俳句が好きな外国人女子がおくの細道を歩く番組を見ていました。
    熱心にノートにまとめて日本語の勉強をしています。
    頭の下がる思いです。
    日本酒造りを学びに来たフランス人や。
    酒粕に肉を漬け込んでいたり。

    日本酒には並々ならぬ気持ちがあります。

    • りんりん。
    • 2020/09/15 6:50 AM
    組長!なんか、自分も頑張ろうって感じです!!

    2000句は、改めて多い!!!!
    いえ、「2000句でも」でしょうか。
    こんなに丁寧に見ていただけて、本当に有り難いです。次の機会には、も少しよい句を目指します。で、自分も授業で「楽しい」を目指した句会をやろう!

    YouTubeの「打水」の鑑賞も、日々増加中!毎朝通勤中にチェックしてます!
    • 黒子
    • 2020/09/15 7:10 AM
    組長おはようございます。
    2000句もの投句を神憑り的な瞬息選句でやはり怪物ですね!
    俳句ポスト365同様、「並」からの脱出頑張りま〜す!
    話しは変わり、永観堂禅林寺のHPを拝見しています。
    「今月のみかえり」「みかえり法話」
    「阿弥陀三尊来迎図」等々、見応え読み応えがあります。
    • お漬物
    • 2020/09/15 7:39 AM
    組長!選句お疲れ様です!
    やらかしちまった句を取って頂いて、大変恐縮です(汗)

    皆様の句、楽しんでおります♪
    くっくっく・・・おもしろ〜い♪
    • 村上 無有
    • 2020/09/15 12:16 PM
    ありがとうございます!
    2000句!それを全部😲😲😲
    頭が上がりません🙇

    本当にお疲れさまです!
    本当にありがとうございます!
    • 盒極兪
    • 2020/09/17 10:41 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    いつき組特派員報告宛先

    こちらからどうぞ。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM