道後俳句塾 1日目

0

    金子兜太先生から始まった道後俳句塾も今年で何年目になるのでしょう。

     

    今年は、このご時世ですから、

    参加人数を絞っての実施・・・入賞作品の半分ぐらいは県外勢(@欠席投句)でした。

    コロナのため開催そのものが難しかったのですが、なんとか開催に漕ぎつけました。

    ほんとうに有り難う! 特に、事務局の井上さんありがとう♪

     

    明日は道後にて恒例の定点観測吟行会です。

    伊月庵でも、山田屋まんじゅう&麦茶のお接待をさせていただきます。

    お立ち寄りくださいね♪

     

    こんな時代ですから、集えたものの喜びを仲間たちに発信してください。

    次こそは一緒に楽しもうね!とのメッセージを伝えて下さい。

    喜びを自分の心だけにとどめていては、自分の心の栄養だけで終わってしまいます。

     

    自分だけ幸せになるのではなく、

    あなたの近くにいる「身近な一人」へ俳句の種を手渡してほしいのです。 

     

    来年こそは、道後俳句塾、

    完全なかたちで開催できますように!


    コメント
    組長、おはようございます。

    昨年、初めて参加した「道後俳句塾」。
    今年は県外からの参加が叶わず、
    本当に残念でした。

    会場の写真をアップしてくださって
    ありがとうございます。

    集えなくても粛々と俳句を学び、
    来年に備えたいと思います。
    自由に旅することができるまで、
    今はじっと我慢の時なのですね。

    今日の俳句塾も実り多いものに
    なりますよう、お祈りしております。
    • 戌の箸置
    • 2020/09/13 5:50 AM
    組長&ケンコーさま

    全くの私事ですみません。
    小学校時代からの友だち&ライバルの訃報に接し、くてんくてんになっておりました。

    食道がんでした。同じ病名でも、たまたま手術のできた夫は生きていて、手術のできなかった彼女は発見から10カ月で亡くなりました。
    夫も彼女も私も、47年前、同じクラス。6-1でした。
    共に読書好きで図書室の本を片っ端から競争するように読んでいました。成績も運動も競っていました。

    中学時代は教師に反抗し、二人で会長・副会長になって好きなように生徒会を動かしていました。
    その後は、高校は離れましたが、結婚後は夫も含め、細く長く付き合ってきていました。

    彼女が小学校卒業の時に、文集や寄せ書きに必ず書いたのが、「梅一輪一輪ほどの暖かさ」でした。

    私が俳句というものを初めて身近に感じたのはこの時だったなあと思い返しています。
    • 草の香り(先生)
    • 2020/09/13 10:33 AM
    お忙しい中、更新して頂きありがとうございます。

    おはようございます。
    兜太さん監修の季語本からすると本日は
    「葡萄」。高価なシャインマスカットをご褒美に。
    季語は美味しいものにも関係しており。嬉、嬉、嬉。。。
    俳句の他の目標、最終的には満点990を!やるぞ、やるぞ。
    様々な対策を講じての受験でした。
    時間が足りなーい。こうなったら判らんのは、時間をかけずによっしゃあ。
    これでは生きてる間に満点は無理。でございます。

    • りんりん。
    • 2020/09/13 11:08 AM
    組長!お疲れ様です!
    スタッフさんのご苦労にも頭が下がる思いです。

    憧れの道後俳句塾♪
    私も参加できるよう来年の開催に備えます(^^)

    明日の定点観測吟行会、大いに楽しんで下さいね♪
    いいお天気になりますように・・・♪
    • 村上 無有
    • 2020/09/13 3:56 PM
    組長、昨日はお世話になりました。
    道後俳句塾1日目に初参加させて頂きました。二日目は仕事で残念ながら参加できませんでした。1日目は『おうちde俳句』の講話と俳句塾でした。机には一人ずつ座りました。全員の全部の句の講評をして下さいました。黒田先生、宇田先生も講評を寄せて下さっていて、組長と松本先生が代読して下さるという、夢のような学びの時間でした。学ぶ場を設けて下さって、開催してくださってありがとうございました!学ぶって本当に楽しいと感じました。選を頂いて、写真撮影の時は床から浮いていたような気が致します。いろいろ勝手が分からず失礼しました。来年は県外からも大勢の方が参加できて、お会いできますように、落ち着いた世の中になっていますように、強く願っております。ありがとうございました。
    • ゆすらご
    • 2020/09/13 5:38 PM
    私も初参加を楽しみにしていましたが、こんな時代なので仕方ないですね。組長の言葉心にぐっときました。今回の事以外でも、いつもそう思って生きていかなくてはいけないのですね。少しでも近づけるよう努力します。

    立志さんがブログであげてくだったので、何か松山に行った感じがしてます。

    来年こそは集える事を祈って過ごします。小学生以下のレベルから少しでも進歩できるように頑張ります
    お疲れ様でした。山田屋のお饅頭ググってしまいました。食べたくなってしまいました。オンラインしてみます。
    先生ーーー
    9月13日、道後温泉近くで
    めちゃくちゃ車の中から、手を振っていたのは
    私でーーーす!
    いつもありがとうございます😊
    ご主人も正人さんも一緒で、仲睦まじいご家族に会えた事
    最高でした!
    忘れられない日になりました(^O^)
    これからもよろしくお願い致します🙇♀
    • 西条のおかん
    • 2020/09/13 7:11 PM
    昨日はありがとうございます
    幸せを分けていただきました
    まち歩きのお客さまも周囲の方に俳句と幸せの種を配られることと思います
    • 半角
    • 2020/09/14 8:25 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    いつき組特派員報告宛先

    こちらからどうぞ。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM